何ぞ必ずしも利と曰はん


・ HOME(漢文一覧)>孟子

・ 現代語訳、書き下し文、読み方

・ 縦書き、語句と文法の解説





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

何必曰利・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 叟 … 老先生

・ 何必〜 … どうして〜の必要があるのか、〜の必要はない

  読み「なんゾかならズシモ〜ン」(反語)

・ 〜而已矣 … 〜だけだ

  読み「〜のみ」(限定)


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

何必曰利・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 何以〜 … 何によって〜か

  読み「なにヲもツテ〜」(疑問)

・ 王 … 諸侯

・ 大夫 … 諸侯の家老

・ 士 … 官吏

・ 庶人 … 庶民

・ 交 … それぞれ

・ 征る … 取る


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

何必曰利・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 万乗の国 … 兵車一万台を出動可能な大国

・ 万に千を取る … 万乗の国で千乗の禄を受ける

・ 苟〜 … 仮に〜ならば

  読み「いやシクモ〜」(仮定)


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

何必曰利・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 不〜不〜 … 〜なければ〜ない

  読み「〜ずンバ〜ず」(仮定)

・ 未〜 … まだ〜ない

  読み「いまダ〜ず」(再読文字)




    [ 原文 ]

 孟子見梁恵王。

 王曰、「叟不遠千里而来。

 亦将有以利吾国乎。」

 孟子対曰、「王何必曰利。

 亦有仁義而已矣。


 王曰何以利吾国、大夫曰何以利吾家、

 士・庶人曰何以利吾身、

 上下交征利而国危矣。

 万乗之国弑其君者、必千乗之家。

 千乗之国弑其君者、必百乗之家。

 万取千焉、千取百焉、不為不多矣。

 苟為後義而先利、

 苟為後義而先利、不奪不饜。

 未有仁而遺其親者也。

 未有義而後其君者也。

 王亦曰仁義而已矣、何必曰利。」


    [ 現代語訳 ]

孟子が梁の恵王にお目にかかった。

王が言うには、「老先生は千里の道を遠いともしないでやって来られた。やはりわが国に利益を与えようとなさるのか。」と。

孟子が答えて言うには、「王はどうして利益のことを言う必要があるのでしょうか。やはり仁義の道があるだけです。

王がどうやって自分の国に利益をもたらそうかと言い、大夫がどうやって自分の領地に利益をもたらそうかと言い、官吏や庶民がどうやって自分自身に利益をもたらそうかと言うならば、上の者も下の者もそれぞれ利益を奪い合って国家は危険な状態になるでしょう。

兵車一万台を有する大国で、その主君を殺す者は、必ず兵車千台を持つ家老です。

兵車千台を有する国で、その主君を殺す者は、必ず兵車百台を持つ家老です。

万乗の国に仕えて千乗の禄を受け、千乗の国に仕えて百乗の禄を受けるのは、多くないわけではない。

仮に義を後まわしにして利益を優先させるならば、奪い取らなければ満足しないことになります。

まだ仁徳があって自分の親を捨てた者はいないのです。

まだ義を重んじて自分の主君を後まわしにした者はいないのです。

王もやはり仁義と言うだけです。

どうして利益のことを言う必要がありましょうか。」と。




    [ 書き下し文 ]

孟子梁の恵王に見ゆ。

王曰はく、「叟千里を遠しとせずして来たる。亦将に以つて吾が国を利すること有らんとするか。」と。

孟子対へて曰はく、「王何ぞ必ずしも利と曰はん。亦仁義有るのみ。

王は何を以つて吾が国を利せんと曰ひ、大夫は何を以つて吾が家を利せんと曰ひ、士・庶人は何を以つて吾が身を利せんと曰はば、上下交利を征りて国危ふからん。

万乗の国其の君を弑する者は、必ず千乗の家なり。

千乗の国其の君を弑する者は、必ず百乗の家なり。

万に千を取り、千に百を取り、多からずと為さず。

苟しくも義を後にして利を先にするを為さば、奪はずんば○かず。

未だ仁にして其の親を遺つる者有らざるなり。

未だ義にして其の君を後にする者有らざるなり。

王も亦仁義と曰はんのみ。

何ぞ必ずしも利と曰はん。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved