民の父母


・ HOME(漢文一覧)>孟子

・ 現代語訳、書き下し文、読み方

・ 縦書き、語句と文法の解説




 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

民父母・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 寡人 … 諸侯が謙遜して自分をいう言葉

・ 安んじて … 心を落ち着けて

・ 以〜 … 〜で

  読み「〜ヲもツテ」(手段)

・ 梃 … 杖


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

民父母・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 庖 … 調理場

・ 厩 … うまや

・ 色 … 表情

・ 餓莩 … 餓死者の死体


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

民父母・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 免る … 悪い状況から抜け出す

・ 悪在〜也 … どうして〜か、〜ない

  読み「いづクンゾ〜や」(反語)


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

民父母・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 俑 … ひとがた

・ 後 … 子孫

・ 象る … 物の形に似せて作る

・ 用ゐる ⇒ 死者とともに埋葬する

・ 如之何〜 … まして〜は論外だ

  読み「これヲいかんゾ〜」(反語)


    [ 原文 ]

 梁恵王曰、「寡人願安承教。」

 孟子対曰、

 「殺人以梃与刃、有以異乎。」

 曰、「無以異也。」


 「以刃与政、有以異乎。」

 曰、「無以異也。」

 曰、「庖有肥肉、厩有肥馬。

 民有飢色、野有餓莩。

 此率獣而食人也。

 獣相食、且人悪之。

 為民父母行政、不免於率獣而食人、

 悪在其為民父母也。

 仲尼曰、『始作俑者、其無後乎。』

 為其象人而用之也。

 如之何、其使斯民飢而死也。」


    [ 現代語訳 ]

梁の恵王が言った、「わたしは心を落ち着けて教えを受けたいと思っている。」と。

孟子は答えて、「人を殺すのに、杖によって殺すのと刃物によって殺すのとで、違いはありますか。」と言った。

恵王は言った、「違いはない。」と。

「刃物によって殺すのと政治によって殺すのとで、違いはありますか。」と尋ねた。

恵王は答えた、「違いはない。」と。

孟子が言った、「調理場には肥えた肉があり、うまやには肥えた馬がいます。

人民には飢えた気配があり、野原には餓死した人の死体があります。

これでは獣を引き連れていって人を食わせているようなものです。

獣が互いに食い合うのでさえ、人はそれを嫌います。

人民の父母となって政治を行うのに、獣を引き連れていって人を食わせているような状況から抜け出さなければ、どうして人民の父母になれましょうか。

仲尼は言った、『最初にひとがたを作った者は、子孫が絶えてしまうのではないだろうか。』と。

それは、人をかたどり似せて作り、それを使用したからです。

まして、その人民を飢えて死なせるようなことをして、どうして許されるのでしょうか。」と。


    [ 書き下し文 ]

梁の恵王曰はく、「寡人願はくは安んじて教へを承けん。」と。

孟子対へて曰はく、「人を殺すに梃を以つてすると刃と、以つて異なること有るか。」と。

曰はく、「以つて異なること無きなり。」と。

「刃を以つてすると政と、以つて異なること有るか。」と。

曰はく、「以つて異なること無きなり。」と。

曰はく、「庖に肥肉有り、厩に肥馬有り。

民に飢色有り、野に餓莩有り。

此れ獣を率ゐて人を食ましむるなり。

獣相食むすら、且つ人之を悪む。

民の父母と為りて政を行ふに、獣を率ゐて人を食ましむるを免れざれば、悪在くんぞ其れ民の父母と為らんや。

仲尼曰はく、『始めて俑を作りし者は、其れ後無からんや。』と。

其の人を象りて之を用ゐしが為なり。

之を如何ぞ、其れ斯の民をして飢えて死なしめんには。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved