五十歩百歩


・ 故事成語の「五十歩百歩」は有名な寓話ですが、では、孟子はその寓話を用いて梁の恵王に対してどういうことを主張したかったのでしょうか。「孟子」の中でそれが説明されている箇所の現代語訳・書き下し文です。

・ HOME(漢文記事一覧)>孟子

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 寡人 … 諸侯が謙遜して自分をいう言葉

・ 〜焉耳矣 … 〜だけである

  読み「〜のみ」(限定)

・ 凶 … 凶作

・ 粟 … 穀物の総称


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 察す … 詳しく見る

・ 心を用ふ … 心遣いをする

・ 少なきを加ふ … 少なくなる

・ 何也 … どうしてか

  読み「なんゾや」(疑問)


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 請ふ〜 … どうか〜させてください

・ 塡然 … 太鼓の音の形容

・ 兵 … 武器

・ 刃 … 武器

・ 甲 … 鎧

・ 曳く … 引きずる

・ 走る … 逃げる


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 何如 … どうであるか

  読み「いかん」(疑問)

・ 不可なり … よくない

・ 直〜耳 … ただ〜だけだ

  読み「たダ〜のみ」(限定)

・亦 … 同様に

・ 如〜 … もし〜

  読み「もシ〜」(仮定)

・ 無〜 … 〜してはいけない

  読み「〜なカレ」(禁止)


 [ 現代語訳・書き下し文5 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 勝げて … ことごとく

・ 数罟 … 目の細かい網

・ 洿池 … 沼や池

・ 魚鼈 … 魚やすっぽん

・ 斧斤 … おの

・ 時を以つて … 適した時期に


 [ 現代語訳・書き下し文6 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 生を養ふ … 家族を養う

・ 死を喪す … 死者を厚く弔う

・ 憾み … 残念に思う気持ち

・ 王道 … 仁徳に基づく政治




    [ 原文 ]

 梁恵王曰、「寡人之於国也、尽心焉耳矣。

 河内凶、則移其民於河東、移其粟於河内。

 河東凶、亦然。

 察隣国之政、無如寡人之用心者。

 隣国之民不加少、寡人之民不加多、何也。」

 孟子対曰、「王好戦。請以戦喩。

 塡然、鼓之、兵刃既接。

 棄甲曳兵而走。

 或百歩而後止、或五十歩而後止。

 以五十歩笑百歩、則何如。」

 曰、「不可。直不百歩耳。是亦走也。」

 曰、「王如知此、則無望民之多於隣国也。

 不違農時、穀不可勝食也。

 数罟不入洿池,魚鼈不可勝食也。

 斧斤以時入山林、材木不可勝用也。

 穀与魚鼈、不可勝食、材木不可勝用、

 是使民養生喪死無憾也。

 養生喪死無憾、王道之始也。」


    [ 現代語訳 ]

梁の恵王が言うには、「わたしは国の政治に対しては、ひたすら心を尽くしている。

河内が凶作であれば、その住民を河東に移し、その穀物を河内に移している。

河東が凶作であっても、また同様にしている。

隣国の政治を観察してみると、わたしのように心遣いをしている者はいない。

隣国の民が減っていくことがなく、わたしの民が増えていくことがないのは、どういうわけだろうか。」と。

孟子が答えて言うには、「王は戦いを好まれます。どうか戦いで喩えさせてください。

ドンドンと太鼓を打ち鳴らし、すでに武器を交えています。

鎧を脱ぎ捨て武器を引きずって逃げます。ある者は百歩逃げてから立ちどまり、ある者は五十歩逃げてから立ちどまります。

五十歩しか逃げなかったからといって百歩逃げたことを笑ったら、いかがでしょうか。」と。

言うには、「よくない。ただ百歩でないだけだ。これも同様に逃げたのだ。」と。

言うには、「王がもしこれをおわかりになるならば、民が隣国より多いことを望んではいけません。

春や夏や秋の農作業の時期を違えないように民を使役すれば、穀物はどんなに食べても食べきれません。

目の細かい網を沼や池に入れなければ、魚やすっぽんはどんなに食べても食べきれません。

樹木を切るのに適した時期に斧斤が山林に入れば、材木はどんなに使っても使いきれません。

穀物も魚もすっぽんも、どんなに食べても食べきれず、材木はどんなに使っても使いきれないならば、民をして、家族を十分に養い死者を厚く弔って、心残りがないようにさせることになります。

家族を十分に養い死者を厚く弔って心残りのないことが、王道の始めなのです。」と。




    [ 書き下し文 ]

梁の恵王曰はく、「寡人の国に於けるや、心を尽くすのみ。

河内凶なれば、則ち其の民を河東に移し、其の粟を河内に移す。河東凶なれば、亦然り。

隣国の政を察するに、寡人の心を用ふるがごとき者無し。

隣国の民少なきを加へず、寡人の民不多きを加へざるは、何ぞや。」と。

孟子対へて曰はく、「王戦ひを好む。請ふ戦ひを以つて喩へん。

塡然として、之を鼓し、兵刃既に接す。甲を棄て兵を曳きて走る。

或いは百歩にして後止まり、或いは五十歩にして後止まる。五十歩を以つて百歩を笑はば、則ち何如。」と。

曰はく、「不可なり。直だ百歩ならざるのみ。是れも亦走るなり。」と。

曰はく、「王如し此れを知らば、則ち民の隣国より多きを望むこと無かれ。

農時を違へざれば、穀は勝げて食らふべからざるなり。

数罟洿池に入らざれば、魚鼈は勝げて食らふべからざるなり。

斧斤時を以つて山林に入らば、材木は勝げて用ふべからざるなり。

穀と魚鼈と、勝げて食らふべからず、材木勝げて用ふべからざれば、是れ民をして生を養ひ死を喪して憾み無からしむるなり。

生を養ひ死を喪して憾み無きは、王道の始めなり。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved