性善・性猶湍水也


・ HOME(漢文記事一覧)>孟子

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

性善・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 性 … 本来の性質

・ 猶〜 … 〜と同じようなものである

  読み「なホ〜ごとシ」(再読文字)

・ 湍水 … うず巻く流れ

・ 決す … せきを切って落とす


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

性善・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 信に … 真実として

・ 〜乎 … 〜だろうか、〜ない

  読み「〜や」(反語)

・ 就く … その方向に行く


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

性善・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 無有不〜 … 〜ないものはない

  読み「〜ざルあルなシ」(二重否定)

・ 今 … もし

・ 夫れ … そもそも

・ 搏つ … 手で打つ

・ 激す … せき止めて水勢を激しくする

・ 行る … 行かせる


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

性善・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 豈〜哉 … どうして〜か、〜ない

  読み「あニ〜や」(反語)




    [ 原文 ]

告子曰、「性猶湍水也。

決諸東方、則東流、決諸西方、則西流。

人性之無分於善不善也、

猶水之無分於東西也。」

孟子曰、「水信無分於東西、

無分於上下乎。

人性之善也、猶水之就下也。

人無有不善、水無有不下。

今夫水、搏而躍之、可使過顙、

激而行之、可使在山。

是豈水之性哉。其勢則然也。

人之可使為不善、其性亦猶是也。」


    [ 現代語訳 ]

告子が言うには、「人の本来の性質は、渦巻く流れのようなものだ。

東のせきを切って落とせば東に流れ、西のせきを切って落とせば西に流れる。

人の本来の性質が善か不善か分けられないのは、西に流れるか東に流れるか分けられないのと同様である。」と。

孟子が言うには、「水は確かに西に流れるか東に流れるか分けられないが、どうして上に流れるか下に流れるか分けられないだろうか。

人の本来の性質が善であるのは、水が下に流れるのと同様である。

人で善でないものはなく、水で下に流れないものはない。

そもそも水は、もしこれを打って跳ね上げれば額より高く跳ばすことも可能であり、せき止めてから流せば山頂に届かせることも可能である。

しかし、どうしてこれが水の本来の性質であろうか。

水の勢いこそがそうしているのである。

人が不善な行為をし得るのは、人の本来の性質も、水のそれと同じく、外部の影響を受けるからである。」と。




    [ 書き下し文 ]

告子曰はく、「性は猶ほ湍水のごときなり。

諸を東方に決すれば、則ち東流し、諸を西方に決すれば、則ち西流す。

人性の善不善を分かつ無きは、猶ほ水の東西を分かつ無きがごときなり。」と。

孟子曰はく、「水は信に東西を分かつ無きも、上下を分かつ無からんや。

人性の善なるは、猶ほ水の下きに就くがごときなり。

人善ならざること有る無く、水下らざる有る無し。

今夫れ水は、搏ちて之を躍らせば、顙を過ごさしむべく、激して之を行れば、山に在らしむべし。

是れ豈に水の性ならんや。其の勢則ち然るなり。

人の不善を為さしむべきは、其の性も亦猶ほ是くのごとければなり。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved