法は王の本なり


・ HOME(漢文記事一覧)

・ 現代語訳、書き下し文、読み方

・ 縦書き、語句と文法の解説




 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

法者王之本也・韓非子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 法 … 法律

・ 佚す … 何もせずに遊び暮らす

・ 荒む … 勝手気ままになる


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

法者王之本也・韓非子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 大功 … 大きな功績

・ 力を致す … 努力する

・ 難る … 先に進むのをためらう

・ 幾す … 期待する


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

法者王之本也・韓非子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 常無し … 一定不変のやり方はない

・ 唯〜 … ただ〜

  読み「たダ〜」(限定)

・ 時 … 時勢

・ 宜し … ふさわしい

・ 樸なり … 素朴である

・ 名 … 仁や義の美名


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

法者王之本也・韓非子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 世の知なる … 人知の発達した世の中

・ 禁 … おきて

・ 削る … 削り取る




   [ 原文 ]

 法者王之本也、刑者愛之自也。

 夫民之性、悪労而楽佚。

 佚則荒、荒則不治、不治則乱。

 而賞刑不行於天下者、必塞。

 故欲挙大功、而難致力者、

 大功不可幾而挙也。

 欲治其法、而難変其故者、

 民乱不可幾而治也。

 故治民無常。唯治為法。

 法与時転則治、治与世宜則有功。

 故民樸、而禁之以名、則治、

 世知、維之以刑、則従。

 時移而治不易者乱、

 能治衆而禁不変者削。

 故聖人之治民也、

 法与時移、而禁与治変。


   [ 現代語訳 ]

法律は王の根本であり、刑罰は愛の始めである。

そもそも、民の本性は、労働することを嫌って遊び暮らすことを好む。

遊び暮らせば勝手気ままになり、勝手気ままになれば世の中は治まらない、治まらなければ乱れる。

そして、褒賞と刑罰が天下に行われなければ、必ず行きづまる。

それで、大きな功績を挙げようと思いながら、努力することを惜しむ者は、大きな功績を挙げることは期待できない。

その法律を整備しようと思いながら、その古い先例を変えることを惜しむ者は、民の乱れを治めることは期待できない。

それゆえ、民を治めるのに一定不変のやり方はない。

ただ治まるやり方が法となるのだ。

法律が時勢に合わせて変化すれば世の中は治まり、政治が世の中に適合していれば功績はあがる。

それで、民心が素朴だった時代には、民に禁止するのに仁や義の美名によれば治まったが、人知の発達した世の中では、民をしばりつけるのに刑罰によれば従う。

時勢が変化しても政治が変わらなければ乱れ、民を治めることができても禁令を変えなければ領土を削り取られる。

だから、聖人が民を治めるときは、法律は時勢とともに変化し、そして禁令は政治とともに変化する。


   [ 書き下し文 ]

法は王の本なり、刑は愛の自めなり。

夫れ民の性は、労を悪みて佚を楽しむ。

佚すれば則ち荒み、荒めば則ち治まらず、治まらざれば則ち乱る。

而して賞刑天下に行はれざれば、必ず塞がる。

故に大功を挙げんと欲して、而も力を致すを難る者は、大功幾して而挙ぐべからざるなり。

其の法を治めんと欲して、而も其の故きを変ずるを難る者は、民の乱れ幾して治むべからざるなり。

故に民を治むるに常無し。唯だ治するを法と為す。

法時と転ずれば則ち治まり、治世と宜しきは則ち功有り。

故に民の樸なるは、之を禁ずるに名を以てすれば、則ち治まり、世の知なるは、之を維ぐに刑を以つてすれば、則ち従ふ。

時移りて而も治易はらざる者は乱れ、能く衆を治めて而も禁変ぜざる者は削らる。

故に聖人の民を治むるや,法時と移り、而禁治と変ず。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved