官を侵すの害


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

・ HOME(漢文一覧)




 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

侵官之害・韓非子 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 典冠 … 君主の冠を管理する役人

・ 左右 … 君主の左右に仕える家臣

・ 誰〜 … 誰が〜か

  読み「たれカ〜」(疑問)


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

侵官之害・韓非子 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 因りて … そこで

・ 兼ね罪す … 合わせて処罰する

・ 典衣 … 君主の衣服を管理する役人

・ 事を失ふ … 担当の仕事を怠る

・ 職を越ゆ … 職務の範囲を越える


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

侵官之害・韓非子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 悪む … 嫌う

・ 非不〜 … 〜しないわけではない

  読み「〜ざルニあらズ」(二重否定)

・ 官を侵す … 他の役人の職務に手を出す

・ 明主 … 賢明な君主

・ 臣を蓄ふ … 臣下を召し抱えておく

・ 言を陳ぶ … 意見を述べる

・ 当たる … ぴったり一致する


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

侵官之害・韓非子 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 官に守る … 職務を逸脱せずに行なう

・ 貞なり … 言行が一致している

・ 群臣 … 多くの家臣

・ 不得〜 … 〜できない

  読み「〜えず」(不可能)

・ 朋党す … 徒党を組む

・ 相為す … 一緒に勝手な行動をとる




   [ 原文 ]

 昔者、韓昭侯、酔而寝。

 典冠者見君之寒也、故加衣於君之上。

 覚寝而説、問左右曰、「誰加衣者。」

 左右対曰、「典冠。」  君因兼罪典衣与典冠。

 其罪典衣、以為失其事也。

 其罪典冠、以為越其職也。

 非不悪寒也。

 以為、侵官之害、甚於寒。

 故明主之蓄臣、臣不得越官而有功、

 不得陳言而不当。

 越官則死、不当則罪。

 守業其官、所言者貞也、

 則群臣不得朋党相為矣。


   [ 現代語訳 ]

むかし、韓の昭侯が酔って眠っていた。

冠係の役人は君主が寒そうなのを見て、それで衣服を主君の上に掛けた。

眠りから覚めて喜び、側近の者たちに尋ねて言うには、「誰が衣服を掛けたのか。」と。

側近の者たちが答えて言うには、「冠係りの役人です。」と。

君主はそこで衣服係りの役人と冠係りの役人をともに処罰した。

衣服係りの役人を処罰したのは、自分の担当する仕事を怠ったと考えたからである。

冠係りの役人を処罰したのは、自分の職務以外のことをしたと考えたからである。

寒いことを嫌わないわけではない。

他の役人の職務を侵犯することの弊害は、寒いことよりもはるかに大きいと考えたのである。

それで賢明な君主が臣下を召し抱えるにあたって、家臣は職務の範囲を越えて功績を挙げることができず、意見を述べて実績と合致しないことも許されない。

職務の範囲を越えれば死罪となり、言行が一致しなければ処罰される。

仕事を自分の職務を逸脱せずに守り行ない、言行が一致言して正しければ、多くの家臣は徒党を組んで勝手な行動をとることができない。




    [ 書き下し文 ]

昔者、韓の昭侯酔ひて寝ねたり。

典冠の者君の寒きを見るや、故に衣を君の上に加ふ。

寝より覚めて説び、左右に問ひて曰はく、「誰か衣を加ふる者ぞ」と。

左右対へて曰はく、「典冠なり」と。

君因りて典衣と典冠とを兼ね罪せり。

其の典衣を罪せるは、以つて其の事を失ふと為せばなり。

其の典冠を罪せるは、以つて其の職を越ゆと為せばなり。

寒きを悪まざるに非ざるなり。

以為へらく、官を侵すの害は、寒きよりも甚だしと。

故に明主の臣を蓄ふや、臣は官を越えて功有るを得ず、言を陳べて当たらざるを得ず。

官を越ゆれば則ち死され、当たらざれば則ち罪せらる。

業を其の官に守り、言ふ所の者貞ならば、則ち群臣朋党し相為すを得ず。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved