出藍の誉れ


HOME(漢文記事一覧)

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

出藍誉・荀子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 不可〜 … 〜してはいけない

  読み「〜べからず」(禁止)

・ 藍 … 藍草

・ 〜於A … Aより〜

  読み「Aヨリ〜」(比較)

・ 為す … つくる


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

出藍誉・荀子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 縄に中たる … 墨縄とぴたりと合う

・ 輮む … 曲げる

・ 規 … コンパス

・ 槁暴 … 枯れて乾くこと

・ 不復〜 … 二度とは〜ない

  読み「まタ〜ず」(部分否定)

・ 使A〜 … Aに〜させる

  読み「Aヲシテ〜しム」(使役)

・ 挺す … まっすぐになる

・ 礪に就く … 砥石にかける


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

出藍誉・荀子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 君子 … 知識も人格も立派な人物

・ 参省す … 何度も反省する

・ 智明らかなり … 知恵がよく働く様子

・ 臨む … 見下ろす


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

出藍誉・荀子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 先王 … 古代の聖王

・ 干 … 未開の異民族の国

・ 越 … 未開の異民族の国

・ 夷 … 未開の異民族の国

・ 貉 … 未開の異民族の国

・ 俗 … ならわし

・ 使A〜 … Aに〜させる

  読み「Aヲシテ〜しム」(使役)




    [ 原文 ]

 君子曰、「学不可以已。

 青取之於藍而青於藍、

 氷水為之而寒於水。」

 木直中縄、輮以為輪、其曲中規。

 雖有槁暴、不復挺者、輮使之然也。

 故木受縄則直、金就礪則利。

 君子博学而日参省乎己、

 則智明而行無過矣。

 故不登高山、不知天之高也。

 不臨深谿、不知地之厚也。
 不聞先王之遺言、不知学問之大也。

 干・越・夷・貉之子、

 生而同声、長而異俗、教使之然也。


     [ 現代語訳 ]

君子が言うには、「学問は途中でやめてはならない。青はこれを藍草から取るが、藍草より青い。氷は水がこれをつくるが、水より冷たい。」と。

木のまっすぐなものは墨縄とぴたりと合うが、湾曲させて輪にすれば、その曲がった状態がコンパスにぴたりと合う。

枯れて乾燥しても、二度とまっすぐな状態にならないのは、湾曲させたことがそうさせるのである。

だから木は墨縄に当てればまっすぐになり、金属は砥石にかければ鋭くなる。

君子が幅広く学問して、一日に何度も自分を反省すれば、頭脳明晰になって行動に誤りがなくなる。

それゆえ、高い山に登らなければ、天の高さがわからないのである。

深い谷を見下ろさなければ、大地の厚さがわからないのである。

古代の聖王の残した言葉を聞かなければ、学問の偉大さがわからないのである。

干や越や夷や貉といった異民族の子どもは、生まれたときは声が同じだが、成長して習俗が異なるのは、教育がこの子たちをそうさせるのである。




     [ 書き下し文 ]

君子曰はく、「学は以つて已むべからず。青は之を藍より取りて、藍よりも青し。冰は水之を為して、水よりも寒たし。」と。

木の直きは縄に中たるも、輮めて以つて輪と為せば、其の曲規に中たる。

槁暴有りと雖も、復た挺せざる者は、輮之をして然らしむるなり。

故に木縄を受くれば則ち直く、金礪に就けば則ち利し。

君子博く学びて、日に己を参省すれば、則ち智明らかにして行ひ過ち無し。

故に高山に登らざれば、天の高きを知らざるなり。

深谿に臨まざれば、地の厚きを知らざるなり。

先王の遺言を聞かざれば、学問の大なるを知らざるなり。

干・越・夷・貉の子、生まれて声を同じくし、長じて俗を異にするは、教へ之をして然らしむるなり。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved