人の性は悪なり


・ HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

人之性悪・荀子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 偽 … 人為

・ 辞譲 … 人に譲る心

・ 疾悪 … 妬み憎む心

・ 残賊 … 人を損なう心

・ 忠信 … 真心と誠実さ


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

人之性悪・荀子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 声色 … 歌舞音曲と美人

・ 淫乱 … みだらな心

・ 文理 … 物事の筋目

・ 出づ … 生まれる

・ 犯分乱理に合す … 文理をみだす

・ 暴に帰す … 混乱する


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

人之性悪・荀子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 師法 … 手本

・ 化 … 教化

・ 道き … 導き

・ 文理に合す … 条理に合う

・ 治に帰す … 安定する


    [ 原文 ]

 人之性悪、其善者偽也。

 今人之性、生而有好利焉。

 順是、故争奪生而辞譲亡焉。

 生而有疾悪焉。

 順是、故残賊生而忠信亡焉。

 生而有耳目之欲、有好声色焉。

 順是、故淫乱生而礼義文理亡焉。

 然則従人之性、順人之情、必出於争奪、

 合於犯文乱理、而帰於暴。

 故必将有師法之化、礼義之道、

 然後出於辞譲、合於文理、而帰於治。

 用此観之、人之性悪明矣。其善者偽也。


    [ 現代語訳 ]

人の本性は悪である、人が善であるのは人為である。

さて、人の本性には、生まれつき利益を好む心がある。

これに従うから、争いや奪い合いが生じて、人に譲る心がなくなる。

生まれつき妬み憎む心がある。

これに従うから、人を損なう心が生じて真心や誠実さがなくなる。

生まれつき耳や目を満足させたいという欲望があり、歌舞音曲と美人を好む性質がある。

これに従うから、みだらな心が生じて、礼義や条理がなくなる。

そうであれば、人の本姓に従い、人の感情に従うと、必ず争いや奪い合いが生まれ、条理を乱して混乱状態におちいる。

それゆえ、必ず手本による教化があり、礼義による導きがあって、その後に、人に譲る心が生まれ、物事の筋目にかなって、安定した状態になっていく。

以上のことから考えると、人の本性が悪であるのは明らかだ。

人が善であるのは人為である。


    [ 書き下し文 ]

人の性は悪なり、其の善なる者は偽なり。

今人の性は、生まれながらにして利を好む有り。

是に順ふ、故に争奪生じて辞譲亡ぶ。

生まれながらにして疾悪有り。

是に順ふ、故に残賊生じて忠信亡ぶ。

生まれながらにして耳目之欲有り、声色を好む有り。

是に順ふ、故に淫乱生じて礼義文理亡ぶ。

然らば則ち人の性に従ひ、人の情に順はば、必ず争奪に出で、犯分乱理に合して暴に帰す。

故に必ず将に師法の化有りて、礼義の道き、然る後に辞譲に出で、文理に合して、治に帰せんとす。

此を用つて之を観れば、人の性は悪なること明らかなり。

其の善なる者は偽なり。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved