かぐや姫の昇天


・ 竹取物語「かぐや姫の昇天」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)>竹取物語



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

かぐや姫の昇天・竹取物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

かかるほどに、宵うち過ぎて、子の時ばかりに、
宵(よい)、子(ね)
こうしているうちに、宵も過ぎて、夜の十二時頃に、
・ かかる … ラ行変格活用の動詞「かかり」の連体形
・ うち過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「うち過ぐ」の連用形

家のあたり、昼の明かさにも過ぎて、光りたり。
家の付近が、昼の明るさにもまして、光り輝いた。
・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の連用形
・ 光り … ラ行四段活用の動詞「光る」の連用形
・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形

望月の明かさを十合はせたるばかりにて、
望月(もちづき)、十(とお)
満月の明るさを十合わせたくらいで、
・ 合はせ … サ行下二段活用の動詞「合はす」の連用形
・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形
・ に … 断定の助動詞「なり」の連用形

在る人の毛の穴さへ見ゆるほどなり。
そこにいる人の毛の穴まで見えるほどである。
・ 在る … ラ行変格活用の動詞「在り」の連体形
・ 見ゆる … ヤ行下二段活用の動詞「見ゆ」の連体形
・ なり … 断定の助動詞「なり」の終止形


          [ 次のページに進む ]


大空より人、雲に乗りて下り来て、
大空から人が、雲に乗って下りて来て、

土より五尺ばかり上がりたるほどに立ち連ねたり。
地面から五尺くらい上がったあたりに立ち並んでいる。

内外なる人の心ども、
家の内や外にいる人々の心は、

物におそはるるやうにて、あひ戦はむ心もなかりけり。
魔物に取りつかれたようになって、戦おうという気持ちもなかった。

からうじて、思ひ起こして、弓矢を取り立てむとすれども、
やっとのことで、心を奮い立たせて、弓矢を取り上げようとしても、

手に力もなくなりて、萎えかかりたる中に、
手に力もなくなって、ぐったりと物にもたれている中で、

心さかしき者、念じて射むとすれども、ほかざまへ行きければ、
気丈な者は、我慢して射ようとするが、よその方へ行ったので、

あひも戦はで、心地ただ痴れに痴れて、まもりあへり。
戦いもしないで、気持ちがすっかりぼんやりして、顔を見合わせていた。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved