かぐや姫の嘆き


HOME(記事一覧)



・ 敬語法について
・ 敬語は、一般的に、作者の敬意を表します。
・ 尊敬語は、動作の主体に対する、謙譲語は、動作の相手に対する、
  丁寧語は、読者に対する、作者の敬意を表します。
・ 会話においては、話者の敬意を表します。
  会話において、丁寧語は、話し相手に対する話者の敬意を表します。
・ 解説では、たとえば、作者のかぐや姫に対する敬意を次のように記載します。
  敬意:作者 ⇒ かぐや姫

・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

かぐや姫の嘆き・竹取物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣きたまふ。
八月十五日ごろの月に縁側に出て座って、かぐや姫はとてもひどくお泣きになる。
・ 出でゐ … 行上一段活用の動詞「出でゐる」の連用形
・ いたく … ク活用の形容詞「いたし」の連用形
☆ いたし … (基本)程度がはなはだしい
           (文脈)激しい
・ 泣き … 行四段活用の動詞「泣く」の連用形
・ たまふ … 行四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」の終止形
○ たまふ(尊敬語) … 敬意:作者 ⇒ かぐや姫

人目も今はつつみたまはず泣きたまふ。
人の目からも今ではお隠しにならずお泣きになる。
・ つつみ … 行四段活用の動詞「つつむ」の連用形
・ たまは … 行四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」の未然形
○ たまふ(尊敬語) … 敬意:作者 ⇒ かぐや姫
・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形
・ 泣き … 行四段活用の動詞「泣く」の連用形
・ たまふ … 行四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」の終止形
○ たまふ(尊敬語) … 敬意:作者 ⇒ かぐや姫

これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひさわぐ。
これを見て、親たちも、「何事ですか。」と尋ね動揺する。
・ 見 … 行上一段活用の動詞「見る」の連用形
・ 問ひ … 行四段活用の動詞「問ふ」の連用形
・ さわぐ … 行四段活用の動詞「さわぐ」の終止形
○ さわぐ … あわてる

かぐや姫泣く泣く言ふ、
かぐや姫が泣きながら言う、
・ 言ふ … 行四段活用の動詞「言ふ」の連体形


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved