晏子の御


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)晏子之御・テスト問題対策





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

晏子之御・史記 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 相 … 宰相

・ 御 … 御者

・ 闚ふ … 様子をうかがう

・ 蓋 … 車の上に立てる傘

・ 駟 … 四頭だての馬車

・ 自得す … 自分自身に得意になる

・ 既にして … やがて

・ 去る … 今までの関係を離れる

・ 請ふ … お願いする


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

晏子之御・史記 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 顕る … 目立っている

・ 妾 … 女性が自分をへりくだって言う語

・ 観る … 観察する

・ 志 … 心を向ける

・ 念 … 心にかける

・ 者 … 直前の語を名詞化する

・ 乃ち … つまり

・ 僕 … 召使い


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

晏子之御・史記 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 是を以て … そういうわけで

・ 抑損す … 抑えて控えめにする

・ 実 … 真実

・ 大夫 … 周の時代の職名




    [ 原文 ]

 晏子為斉相、出。

 其御之妻、従門間而闚其夫。

 其夫為相御、擁大蓋、策駟馬、

 意気揚揚、甚自得也。

 既而帰、其妻請去。

 夫問其故。

 妻曰、「晏子長不満六尺、

 身相斉国、名顕諸侯。

 今者妾観其出、志念深矣。

 常有以自下者。

 今子長八尺、乃為人僕御。

 然子之意、自以為足。

 妾是以求去也。」

 其後、夫自抑損。

 晏子怪而問之。御以実対。

 晏子薦以為大夫。


    [ 現代語訳 ]

晏子が斉の宰相であったとき、外出した。

その御者の妻が、門の隙間からその夫の様子をうかがっていた。

その夫は宰相の御者となって、大きな傘をかかえ、四頭だての馬車の馬にむち打ち、意気揚揚として、とても得意げであった。

やがて帰ってきた。

その妻は離縁することを願い出た。

夫がその訳を尋ねた。

妻は言うには、「晏子は身長が六尺にも足りませんが、身分は斉の国の宰相であり、名前は諸侯に知れわたっています。

今わたくしがその外出するのを観察していますと、思慮深いのです。

いつも自分で謙遜する様子があります。

今、あなたは身長は八尺ですが、人に仕える御者にすぎません。

それなのに、あなたの気持ちは今の自分に満足しきっています。

わたくしはそれで離縁することを願い出たのです。」と。

その後、夫は自分から抑えて謙虚にしていた。

晏子は不思議に思ってその理由を尋ねた。

御者は本当のことを答えた。

晏子は推薦して大夫にした。




    [ 書き下し文 ]

晏子斉の相たりしとき、出づ。

其の御の妻、門間より其の夫を闚ふ。

其の夫相の御と為りて、大蓋を擁し、駟馬に策うち意気揚揚として、甚だ自得するなり。

既にして帰る。

其の妻去らんことを請ふ。

夫其の故を問ふ。

妻曰はく、「晏子は長六尺に満たざるに、身は斉国の相たりて、名は諸侯に顕る。

今者妾其の出づるを観るに、志念深し。

常に以て自ら下る者有り。

今、子は長八尺なるに、乃ち人の僕御たり。

然るに子の意、自ら以て足れりと為す。

妾是を以て去らんことを求むりなり。」と。

其の後、夫自ら抑損す。

晏子怪しみて之を問ふ。

御実を以て対ふ。

晏子薦めて以て大夫と為す。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved