彼取りて代はるべきなり


・ 縦書き、全漢字に読みつき、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

彼取りて代はるべきなり・項羽と劉邦 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 書 … 文字

・ 成る … 仕上がる

・ 去る … 離れる

・ 足る … 十分だ


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

彼取りて代はるべきなり・項羽と劉邦 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 是に於いて … そこで

・ 乃ち … そこで

・ 略 … 大体のところ


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

彼取りて代はるべきなり・項羽と劉邦 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 観る … 眺める

・ 取りて代はる … 代わってその地位につく

・ 妄言す … 根拠もなくみだりに言う

・ 族す … 一族を皆殺しにする

・ 奇 … 優れていること


     [ 原文 ]

項籍少時、学書不成、去学剣。

又不成。項梁怒之。

籍曰、「書足以記名姓而已。

剣一人敵、不足学。学万人敵。」

於是、項梁乃教籍兵法。

籍大喜。略知其意、又不肯竟学。

秦始皇帝游会稽、渡浙江。梁与籍倶観。

籍曰、「彼可取而代也。」

梁掩其口曰、「毋妄言、族矣。」

梁以此奇籍。




    [ 現代語訳 ]

項籍は、若い頃、文字を学んだがものにならず、やめて剣術を学んだ。

同じく、ものにならなかった。

項梁はこれを怒った。

項籍が言うには、「文字は姓名を書けるだけで十分です。剣術は一人の敵を相手にするものなので、学ぶものとしては不十分です。万人の敵を相手にするものを学びたいのです。」と。

そこで、項梁は項籍に兵法を教えた。

項籍は非常に喜んだ。

あらましその意味を知ると、同様に、あえて最後まで兵法を修めなかった。

秦の始皇帝が会稽に出かけて、浙江を渡った。

項梁は項籍と一緒に眺めていた。

項籍が言うには、「あの人に取って代わってやるぞ。」と。

項梁がその口を押さえて言うには、「でまかせを言うな。一族を皆殺しにされるぞ。」と。

項梁はこのことで項籍を並みの人物ではないと思った。




    [ 書き下し文 ]

項籍少き時、書を学びて成らず、去りて剣を学ぶ。

又成らず。項梁之を怒る。

籍曰はく、「書は以て名姓を記すに足るのみ。剣は一人の敵、学ぶに足らず。万人の敵を学ばん。」と。

是に於いて、項梁乃ち籍に兵法を教ふ。

籍大いに喜ぶ。

略其の意を知るや、又肯へて学ぶを竟へず。

秦の始皇帝会稽に游び、浙江を渡る。

梁籍と倶に観る。

籍曰はく、「彼取りて代はるべきなり。」と。

梁其の口を掩ひて曰はく、「妄言する母かれ。族せられん。」と。

梁此を以て籍を奇とす。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved