三横


・ HOME(漢文記事一覧)>三横・テスト問題対策

・ 「三横」とは、「三つの横暴なもの」という意味です。





     [ 現代語訳・書き下し文1 ]

三横・世説新語 現代語訳・書き下し文・読み

        [ 詳しい解説 ]

周処年少時、兇彊俠気、為郷里所患。

周処年少き時、兇彊俠気にして、郷里の患ふる所と為る。

・ 兇彊俠気 … 乱暴で武勇を誇る

・ 為A所〜 … Aに〜される

  読み「Aノ〜スル所ト為ル」(受身)

周処は若い頃、乱暴で武勇を誇り、郷里の人々の悩みの種であった。

又義興水中有蛟、山中有邅跡虎、

又義興の水中に蛟有り、山中に邅跡の虎有り、

・ 蛟 … 水中に住む大蛇

・ 邅跡虎 … あちらこちらをうろつく虎

また義興の川の中に蛟がおり、山の中には歩き回る虎がいて、

並皆暴犯百姓。

並びに皆百姓を暴犯す。

・ 暴犯 … 暴力で危害を加える

いずれも皆人民に危害を加えていた。

義興人謂為三横。

義興の人謂ひて三横と為す。

義興の人々は三横と呼んでいた。

而処尤劇。

而して処尤も劇し。

・ 而 … そして(順接)

・ 劇 … 程度がはなはだしい

そして周処が最もひどかった。


     [ 現代語訳・書き下し文2 ]

三横・世説新語 現代語訳・書き下し文・読み

        [ 詳しい解説 ]

或説処、殺虎斬蛟。

或ひと処に説きて虎を殺し蛟を斬らしむ。

・ 説A〜 … Aを説得して〜させる

  読み「Aニ説キテ〜シム」(使役)

ある人が周処を説得して虎を殺し蛟を斬らせようとした。

実冀三横唯余其一。

実は三横唯だ其の一を余さんことを冀ふ。

・ 冀〜 … 〜を切望する(願望)

・ 唯〜 … 〜だけ(限定)

本当は三横のうちただその一つが残るだけにしたいと切望したのである。

処即刺殺虎、又入水撃蛟。

処即ち虎を刺殺し、又水に入りて蛟を撃つ。

・ 即 … すぐに

・ 又 … さらに

周処はすぐさま虎を刺し殺し、さらに川に入って蛟を攻撃した。


     [ 現代語訳・書き下し文3 ]

三横・世説新語 現代語訳・書き下し文・読み

        [ 詳しい解説 ]

蛟或浮或没、行数十里、

蛟或いは浮き或いは没し、行くこと数十里、

・ 或A或B … AしたりBしたり

・ 或いは(読み:あるいは)

蛟は浮いたり沈んだりしながら、数十里を流れてゆき、

処与之倶、経三日三夜。

処之と倶にし、三日三夜を経たり。

・ 与A倶 … Aと一緒に

・ 与A倶(読み:Aとともに)

周処もこれと共に流れて、三日三晩を過ごした。

郷里皆謂已死、更相慶。

郷里皆已に死せりと謂ひ、更相慶ぶ。

・ 更 … お互いに

・ 相慶 … 喜びあう

郷里の人々は皆すでに死んでしまったと思い、お互いに喜びあった。




     [ 現代語訳・書き下し文4 ]

三横・世説新語 現代語訳・書き下し文・読み

        [ 詳しい解説 ]

竟殺蛟而出。

竟に蛟を殺して出づ。

・ 竟 … とうとう

とうとう蛟を殺して出できた。

聞里人相慶、始知為人情所患、

里人相慶ぶを聞き、始めて人情の患ふる所と為るを知り、

・ 為A所〜 … Aに〜される

  読み「Aノ〜スル所ト為ル」(受身)

郷里の人々が喜びあっているのを聞き、初めて人々の心の悩みの種にされているのを知り、

有自改意。

自ら改むるの意有り。

・ 自 … 自分で

自分で改めようという気持ちを持った。

乃入呉尋二陸。

乃ち呉に入りて二陸を尋ぬ。

・ 乃 … そこで

・ 二陸 … 陸兄弟(陸機と陸雲)

そこで呉に行って陸兄弟を訪ねた。


     [ 現代語訳・書き下し文5 ]

三横・世説新語 現代語訳・書き下し文・読み

        [ 詳しい解説 ]

平原不在、正見清河。

平原在らず、正に清河に見ゆ。

平原は不在であり、ちょうど清河にお目にかかった。

具以情告、并云、

具に情を以て告げ、并せて云ふ、

・ 具 … 詳しく

詳しく事情を語り、続けて言った、

「欲自修改而年已蹉跎。

「自ら修改せんと欲するも、年已に蹉跎す。

・ 修改 … 過ちを改め正す

・ 蹉跎 … ちょうどよい時期を逃がす

「自分で過ちを正したいと望んでいますが、年齢もちょうどよい時期を逃がしています。

終無所成。」

終に成す所無からん。」と。

・ 終 … 結局は

結局できないのではないでしようか。」と。


     [ 現代語訳・書き下し文6 ]

三横・世説新語 現代語訳・書き下し文・読み


        [ 詳しい解説 ]

清河曰、「古人貴朝聞夕死。

清河曰はく、「古人朝に聞きて夕に死するを貴ぶ。

・ 朝聞夕死 ⇒ 子曰、「朝聞道、夕死可矣。」(論語・里仁)

清河が言うには、「古人は朝に聞いて夕べに死ぬことを貴んでいる。

況君前途尚可。

況んや君の前途尚ほ可なるをや。

・ 況〜 … まして〜はなおさらだ

  読み「いわンヤ〜ヲヤ」(抑揚)

まして君の前途にはまだ可能性がある。

且人患志之不立。

且つ人は志の立たざるを患ふ。

・ 且 … さらに(累加)

・ 患 … 思い悩む

それに人は志の立たないのを思い悩む。

亦何憂令名不彰邪。」

亦何ぞ令名の彰れざるを憂へんや。」と。

・ 何〜邪 … どうして〜か、〜ない

  読み「なんゾ〜や」(反語)

・ 憂 … 心配する

またどうして名声が世にあらわれないのを心配する必要があるのか。」と。

処遂改励、終為忠臣孝子。

処遂に改励し、終に忠臣孝子と為る。

・ 遂 … そのまま

・ 改励 … 心を入れ替えて努力する

周処はそのまま心を入れ替えて努力し、とうとう忠臣孝子となった。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved