長安は日の遠きに何如

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

長安何如日遠・世説新語 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 洛下 … 洛陽の周辺

・ 消息 … 様子

・ 潸然たり … はらはらと涙を流す様子

・ 何以〜 … どうして

  読み「なにヲもツテ〜」(疑問)


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

長安何如日遠・世説新語 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 意 … ものごとの内容

・ 日辺 … 太陽の周辺

・ 居然たり … はっきりと明らかな様子

・ 異とす … 感心する


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

長安何如日遠・世説新語 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 乃ち … そこで


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

長安何如日遠・世説新語 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 色を失う … 驚いて顔色が青くなる

・ 爾 … 汝

・ 何故〜邪 … どうして〜か

  読み「なんノゆえニ〜や」(疑問)




    [ 原文 ]

 晋明帝、数歳、坐元帝膝上、

 有人従長安来。

 元帝問洛下消息、潸然流涕。

 明帝問、「何以致泣。」

 具以東渡意、告之。

 因問明帝、「汝意謂長安何如日遠。」

 答曰、「日遠。不聞人従日辺来、

 居然可知。」元帝異之。

 明日、集群臣宴会、

 告以此意、更重問之。

 乃答曰、「日近。」

 元帝失色、曰、

 「爾何故異昨日之言邪。」

 答曰、「挙目見日、不見長安。」


    [ 現代語訳 ]

晋の明帝が、数歳のとき、元帝の膝の上に座っていた。

長安からやって来た人がいた。

元帝は洛陽の周辺の様子を尋ねて、はらはらと涙を流した。

明帝が、「どうして泣くのですか。」と尋ねた。

詳しく東方に移って来たいきさつを明帝に話した。

そこで明帝に、「お前が思うには、長安と太陽はどちらが遠いか。」と尋ねた。

答えて言うには、「太陽の方が遠い。太陽の辺りから人がやって来たということを聞きません、はっきりと明らかにわかります。」と。

元帝はこの答えに感心した。

翌日、多くの臣下を集めて宴会をし、この意見について話して、さらにもう一度おなじことを尋ねた。

すると答えて言うには、「太陽の方が近い。」と。

元帝が驚いて真っ青な顔をして、尋ねるには、「お前はどうして昨日言ったことと違うことを言うのか。」と。

答えて言うには、「目を上に向ければ太陽は見えますが、長安は見えません。」と。




    [ 書き下し文 ]

晋の明帝、数歳にして、元帝の膝上に坐するとき、人の長安より来たる有り。

元帝洛下の消息を問ひて、潸然として流涕す。

明帝問ふ、「何を以つて泣くを致すや。」と。

具に東渡の意を以つて、之に告ぐ。

因りて明帝に問ふ、「汝が意に長安は日の遠きに何如と謂ふや。」と。

答へて曰はく、「日遠し。人の日辺より来たるを聞かず、居然として知るべし。」と。

元帝之を異とす。

明くる日、群臣を集めて宴会し、告ぐるに此の意を以てし、更に重ねて之を問ふ。

乃ち答へて曰はく、「日近し。」と。

元帝色を失ひて、曰はく、「爾何の故に昨日の言に異なるや。」と。

答へて曰はく、「目を挙ぐれば日を見るも、長安を見ず。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved