華歆・王朗


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

華歆王朗 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 難を避く … 戦乱を避ける

・ 依附 … 頼りにしてついていく

・ 輒ち … すぐに

・ 何為〜 … どうして〜か(反語)


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

華歆王朗・世説新語 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 本 … もともと

・ 所以〜 … 〜した理由は

・ 正〜耳 … まさに〜だ(強意)

・ 自託 … 自ら頼ってくること

・ 寧くんぞ〜や … どうして〜か(反語)

・ 遂に … そのまま

・ 携拯す … 連れて助ける




    [ 原文 ]

 華歆・王朗倶乗船避難。

 有一人欲依附。歆輒難之。

 朗曰、「幸尚寛、何為不可。」

 後賊追至、王欲捨所携人。

 歆曰、「本所以疑、正為此耳。

 既已納其自託。寧可以急相棄邪。」

 遂携拯如初。世以此定華王之優劣。


    [ 現代語訳 ]

華歆と王朗は一緒に船に乗って戦乱を避けていた。

一人のついていきたいと希望する者がいた。

華歆はすぐにこれを拒んだ。

王朗が言うには、「幸いまだ余裕がある、どうしてだめなことがあろうか。」と。

その後賊が追いついてきたとき、王朗は連れてきた人を見捨てようとした。

華歆が言うには、「もともと気が進まなかった理由は、まさにこのためなのだ。いったん自分から頼ってきたのを受け入れた。どうして緊急事態だからといって相手を見捨てることができようか。」と。

そのまま初めの通り連れて逃げた。

世間はこれよって華歆と王朗の優劣を定めた。


    [ 書き下し文 ]

華歆・王朗倶に船に乗りて難を避く。

一人依附せんと欲するもの有り。

歆輒ち之を難む。

朗曰はく、「幸ひ尚ほ寛し、何為れぞ可ならざらん。」と。

後賊追ひて至るに、王携へし所の人を捨てんと欲す。

歆曰はく、「本疑ひし所以は、正に此が為のみ。既已に其の自託を納る。寧くんぞ急を以て相棄つべけんや。」と。

遂に携拯すること初めのごとし。

世此を以て華王の優劣を定む。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved