子貢政を問ふ


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

論語「子貢問政」 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 子貢 … 端木賜、「子貢」は字

・ 子 … 先生

・ 足らす … 十分にする

   ⇒「足す」と読むと「充足する」という意味になる。

・ 信 … うそ偽りがないこと

・ 去る … 取り除く

・ 何〜 … 何を〜か

   読み「なにヲカ〜」(疑問)


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

論語「子貢問政」 現代語訳・書き下し文


・ 無A不〜 … Aがなければ〜しない

   読み「Aなクンバ〜ず」




     [ 原文 ]

子貢問政。

子曰、「足食、足兵、民信之矣。」

子貢曰、「必不得已而去、於斯三者何先。」

曰、「去兵。」

子貢曰、「必不得已而去、於斯二者何先。」

曰、「去食。自古皆有死。民無信不立。」


     [ 現代語訳 ]

子貢が政治について尋ねた。

先生が言うには、「食糧を十分にし、軍備を十分にし、人民に信義の心を持たせることだ。」と。

子貢が言うには、「どうしてもやむを得ず取り去るとしたら、この三つの中でどれを先にしましょうか。」と。

言うには、「軍備を取り去ろう。」と。

子貢が言うには、「どうしてもやむを得ず取り去るとしたら、この二つの中でどれを先にしましょうか。」と。

言うには、「食糧を取り去ろう。昔から誰にでも死はある。人民に信義の心がなければ成り立たない。」と。




     [ 書き下し文 ]

子貢政を問ふ。

子曰はく、「食を足らし、兵を足らし、民之を信にす。」と。

子貢曰はく、「必ず已むを得ずして去らば、斯の三者に於いて何をか先にせん。」と。

曰はく、「兵を去らん。」と。

子貢曰はく、「必ず已むを得ずして去らば、斯の二者に於いて何をか先にせん。」と。

曰はく、「食を去らん。古より皆死有り。民信無くんば立たず。」と。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved