論語「学びて時に之を習ふ」


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

論語「学而時習之」 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 子 … 先生

・ 学ぶ … 学問をする

・ 時に … 機会のあるごとに

・ 習ふ … 復習して身につける

・ 不亦〜乎 … なんと〜ではないか

   読み「また〜ずや」(詠嘆)

・ 説ばしい … うれしい

・ 朋 … 友人

・ 自〜 … 〜から

   読み「〜より」(起点)

 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

論語「学而時習之」 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 慍る … 不平不満をいだく

・ 君子 … 学識や人格に優れた立派な人


     [ 原文 ]

子 曰、

「 学 而 時 習 之、不 亦 説 乎。

有 朋 自 遠 方 来、不 亦 楽 乎。

人 不 知 而 不 慍、不 亦 君 子 乎。」


     [ 書き下し文 ]

子曰はく、

「学びて時に之を習ふ、亦説ばしからずや。

朋有り遠方より来たる、亦楽しからずや。

人知らずして慍らず、亦君子ならずや。」と。


     [ 現代語訳 ]

先生が言うには、

「学問をして折にふれてこれを復習し身につける、

なんと喜ばしいことではないか。

友人が遠方から訪ねて来る、

なんと楽しいことではないか。

他人が認めてくれなくても不満を持たない、

なんと人格の優れた人ではないか。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved