行くに径に由らず


HOME(漢文一覧)>論語

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 現代かなづかいによる書き下し文です。





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

論語「過猶不及」 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 子游 … 孔門十哲の一人、姓は言、名は偃、字は子游

・ 宰 … 長官

・ 人 … 有能な人材

・ 得 … 獲得する

・ 〜焉耳乎 … 〜か

   読み「〜か」(疑問)


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

論語「行不由径」 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 澹台滅明 … 孔子の弟子、姓は澹台、名は滅明、字は子羽

・ 径 … 小道、近道

・ 由る … 従う

・ 公事 … 公の仕事

・ 未〜 … まだ〜しない

   読み「いまダ〜ず」(再読文字)

・ 未だ嘗て … 今までに一度も


     [ 原文 ]

子游為武城宰。

子曰、「女得人焉爾乎。」

曰、「有澹台滅明者。行不由径。

非公事、未嘗至於偃之室也。」


     [ 書き下し文 ]

子游武城の宰たり。

子曰はく、「女人を得たるか。」と。

曰はく、「澹台滅明なる者有り。行くに径に由らず。

公事に非ざれば、未だ嘗て偃の室に至らざるなり。」と。


     [ 現代語訳 ]

子游は武城の長官だった。

先生が言うには、「君は優れた人物を獲得しましたか。」と。

言うには、「澹台滅明という者がいます。道を歩くとき近道をしません。

公務でなければ、今までに一度も私の部屋に来たことがありません。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved