故きを温ねて新しきを知る


HOME(漢文一覧)>論語>温故知新


・ 論語「温故知新」の現代語訳・書き下し文です。

・ 語句と句法の解説付きです。

・ 現代かなづかいによる書き下し文です。





 [ 論語「温故知新」 現代語訳・書き下し文 ]

論語「温故知新」 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 故き … 古典や伝統文化

・ 温ぬ … 学習する

・ 新しき … 新しい道理

・ 可〜 … 〜できる

   読み「〜べシ」(可能)

・ 師 … 学問や技芸を教授する人

・ 師と為る … 師になる

   ⇒「師為る」と読む場合は「師である」という意味になる。


     [ 原文 ]

子曰、「温故而知新、可以為師矣。」


     [ 書き下し文 ]

子曰はく、「故きを温ねて新しきを知れば、以て師と為るべし。」と。


     [ 現代語訳 ]

先生が言うには、「古典や伝統文化を学習して新しい道理を知るならば、

師になることができる。」と。











Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved