争ふ所米塩に在らず


HOME(漢文記事一覧)

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

所争不在米塩・日本外史 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 屯す … 同じ職業の者が寄り集まる

・ 器とす … 有用な人材として重んじる

・ 豈〜乎 … おそらく〜であろう

  読み「あニ〜か」(推量)


    [ 原文 ]

 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

所争不在米塩・日本外史 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 寄す … 送る

・ 勇 … 強い兵士

・ 弓箭 … 戦い


    [ 原文 ]

 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

所争不在米塩・日本外史 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 以往 … のち

・ 唯〜 … ただ〜だけ

  読み「たダ〜ノミ」(限定)

・ 唯だ命のみ … 言いつけしだい

・命A〜 … Aに命令して〜させる

  読み「Aニめいジ〜シム」(使役)

・ 賈人 … 商人

・ 平らかにす … 適正にする




    [ 原文 ]

 信玄国、不浜海。

 仰塩於東海。

 氏真与北条氏康謀、陰閉其塩。

 甲斐大困。

 謙信聞之、寄書信玄曰、

 「聞氏康・氏真困君以塩。

 不勇不義。

 我与公争、所争在弓箭、不在米塩。

 請自今以往、取塩於我国。

 多寡唯命。」

 乃命賈人、平価給之。


    [ 現代語訳 ]

武田信玄の国は、海に沿っていない。

塩を東海に頼っていた。

今川氏真は、北条氏康と共謀して、ひそかに東海の塩の甲斐への流出を遮断した。

甲斐の人はたいそう困った。

上杉謙信がこれを聞き、書簡を信玄に送って言うには、「氏康と氏真が塩のことで貴公を困らせていると聞く。

武士としての道、人としての道に反している。

私は、貴公と争うが、武力で争うのであって、米や塩では争わない。

どうか今後は、塩を私の国から入手してくれ。

多い少ないは、あなたの言いつけしだいだ。」と。

すぐに商人に命令して、値段を適正にして塩を供給させた。




    [ 書き下し文 ]

信玄の国は、海に浜せず。

塩を東海に仰ぐ。

氏真北条氏康と謀りて、陰かに其の塩を閉づ。

甲斐は大いに困しむ。

謙信之を聞き、書を信玄に寄せて曰はく、「氏康・氏真君を困しむるに塩を以つてすと聞く。

不勇不義なり。

我は公と争へども、争ふ所は弓箭に在りて、米塩に在らず。

請ふ今より以往、塩を我が国に取れ。

多寡は唯だ命のみ。」と。

乃ち賈人に命じ、価を平らかにして之を給せしむ。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved