紀昌貫虱


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

紀昌貫虱 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 弓を彀る … 弓を引き絞る

・ 巧みなり … 技巧が優れている

・ 過ぐ … まさっている


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

紀昌貫虱・蒙求 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 偃臥す … あお向きに寝ころぶ

・ 牽挺 … 機織り機の踏み木

・ 錐の末 … 錐の先

・ 眥に倒にす … 目尻に当てる


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

紀昌貫虱・蒙求 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 微 … かすかなさま

・ 著 … 明瞭なさま

・ 氂 … カラウシの尾の細長い毛

・ 牖 … 窓

・ 懸く … つり下げる

・ 望む … はるかに隔てて見る


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

紀昌貫虱・蒙求 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 旬日 … 十日間

・ 浸く … しだいに

・ 燕角 … 燕の国の鹿角

・ 弧 … 弓

・ 朔蓬 … 北方の地の蓬

・ 簳 … 矢




     [ 原文 ]

 甘蠅古之善射者。

 彀弓而獣伏鳥下。

 飛衛学射於甘蠅、而巧過其師。

 紀昌者学射於飛衛。

 衛曰、「爾先学不瞬

 而後可言射矣。」

 昌帰偃臥其妻之機下、以眼承牽挺。

 二年之後、雖錐末倒眥而不瞬也。

 以告衛。衛曰、「未也。

 学視而後可。

 視小如大、視微如著、而後告我。」

 昌以氂懸虱於牖而望之。

 旬日之間浸大也。

 三年之後、如車輪焉。

 以視余物、皆丘山也。

 乃以燕角之弧・朔蓬之簳射之、

 貫虱之心、而懸不絶。


     [ 現代語訳 ]

甘蠅は古代の弓の名人である。

弓を引き絞ると獣はひれ伏し鳥は降りた。

飛衞は弓を甘蠅に学んで、技巧はその師より優れていた。

紀昌は弓を飛衞に学ぼうとした。

飛衞が言うには、「お前はまず瞬きしないことを学んで、その後で弓について言いなさい。」と。

紀昌は帰ってその妻の機織り機の下にあお向きに寝ころび、目でその踏み木の動きを追った。

二年後、錐の先を目尻に当てても瞬きしなかった。

そこで飛衞に告げた。

飛衞が言うには、「不十分だ。見ることを学んで、その後であれば大丈夫です。小さなものが大きく見え、ぼんやりした物がはっきり見えるようになって、その後で私に告げなさい。」と。

紀昌はカラウシの尾の毛で虱を窓につり下げてこれを遠くから眺めた。

十日の間にしだいに大きくなった。

三年後、車輪のようだった。

そして他の物を視ると、みな丘や山のようだった。

そこで燕角の弓と朔蓬の矢でこれを射ると、虱の心臓を貫いて、しかもつるした毛は切れなかった。




     [ 書き下し文 ]

甘蠅は古の善く射る者なり。

弓を彀れば獣伏し鳥下る。

飛衛は射を甘蠅に学びて、巧みなること其の師に過ぐ。

紀昌は射を飛衛に学ばんとす。

衛曰はく、「爾先づ瞬かざることを学びて、而る後に射を言ふべし。」と。

昌帰りて其の妻の機下に偃臥し、目を以て牽挺を承く。

二年の後、錐の末を眥に倒にすと雖も瞬かず。

以て衛に告ぐ。

衛曰はく、「未だしなり。視を学びて而る後に可なり。小を視ること大のごとく、微を視ること著のごとくなりて、而る後に我に告げよ。」と。

昌牖を以て虱を牖に懸けて之を望む。

旬日の間に浸く大なり。

三年の後、車輪のごとし。

以て余物を視るに、皆丘山なり。

乃ち燕角の弧・朔蓬の簳を以て之を射れば、虱の心を貫きて、而も懸は絶えず。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved