中納言参り給ひて


HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる




中納言参り給ひて、御扇奉らせ給ふに、
中納言が参上なさって、御扇を差し上げなさる時に、

「隆家こそいみじき骨は得て侍れ。
「隆家はすばらしい骨を手に入れております。

それを張らせて参らせむとするに、おぼろけの紙は
それを張らせて献上しようと思いますが、ありふれた紙は

え張るまじければ、求め侍るなり。」と申し給ふ。
張れそうにありませんので、探しております。」と申し上げなさる。

「いかやうにかある。」と問ひ聞こえさせ給へば、
「どのようなものですか。」とお尋ね申し上げなさると、

「すべていみじく侍り。
「何から何までみごとでございます。

『さらにまだ見ぬ骨のさまなり。』となむ人々申す。
『まったく今まで見たこともない骨の様子だ。』と人々が申します。

まことにかばかりのは見えざりつ。」と言高くのたまへば、
本当にこれほどの骨は見たことがありません。」と大声でおっしゃるので、

「さては、扇のにはあらで、海月のななり。」と聞こゆれば、
「それでは、扇の骨ではなくて、海月の骨のようですね。」と申しあげると、

「これは隆家が言にしてむ。」とて、笑ひ給ふ。
「これは隆家の言葉にしてしまおう。」とおっしゃって、お笑いになる。

かやうのことこそは、かたはらいたきことのうちに入れつべけれど、
このようなことは、聞き苦しいことの中に入れてしまうべきですが、

「一つな落しそ。」と言えば、いかがはせむ。
「一つも書き落とすな。」と言うので、どうしようか、どうしようもない。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved