雪のいと高う降りたるを


HOME(記事一覧)



 ・ 下の画像クリックで次のページに進む。


    次に進む      前に戻る


     [ 現代語訳・原文・語句 ]

雪のいと高う降りたるを、
雪がたいそう高く降り積もっているのに、

例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、
いつもと違って御格子をお下げして、角火鉢に火をおこして、
・ 例 … ふだん
・ まゐり … 四段活用の動詞「まゐる」の連用形
・ まゐる … 謙譲語、御殿の格子をお下げする
    ⇒ 筆者から中宮への敬意
・ 炭櫃 … 角火鉢

物語などして、集まりさぶらふに、
雑談などして、集まってお仕えしていると、
・ し … サ行変格活用の動詞「す」の連用形
・ さぶらふ … 謙譲語、お側にお使えする
    ⇒ 筆者から中宮への敬意

「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ。」と仰せらるれば、
「少納言よ、香炉峰の雪は、どうでしょう。」とおっしゃるので、
○ いかならむ … どんなであろう
・ いかなら … 形容動詞「いかなり」の未然形
・ む … 推量の助動詞「む」の終止形
・ 仰せ … 下二段活用の動詞「仰す」の未然形
・ 仰す … 「言ふ」の尊敬語、おっしゃる
    ⇒ 筆者から中宮への敬意
・ らるれ … 尊敬の助動詞「らる」の已然形
    ⇒ 筆者から中宮への敬意


    次に進む      前に戻る






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved