春は、あけぼの


・ 枕草子「春はあけぼの」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)>枕草子



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

春はあけぼの・枕草子 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

春は、あけぼの。
春は、夜明けがすばらしい。

やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明かりて、
しだいに白くなっていく、山ぎわが少し明るくなって、
・ 白く … ク活用の形容詞「白し」の連用形
・ なりゆく … カ行四段活用の動詞「なりゆく」の連体形
・ 明かり … ラ行四段活用の動詞「明かる」の連用形

紫だちたる雲の細くたなびきたる。
紫がかった雲が細くたなびいているのは、すばらしい。
・ 紫だち … タ行四段活用の動詞「紫だつ」の連用形
○ だつ(接尾語) … 〜の性質を持つ
・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形
・ 細く … ク活用の形容詞「細し」の連用形
・ たなびき … カ行四段活用の動詞「たなびく」の連用形
・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形

夏は、夜。
夏は、夜がすばらしい。

月のころはさらなり、闇もなほ、
月が出ている頃はいうまでもないが、闇夜でもやはり、
・ さらなり … ナリ活用の形容動詞「さらなり」の連用形

蛍の多く飛びちがひたる。
蛍がたくさん飛び交っているのは、すばらしい。
・ 多く … ク活用の形容詞「多し」の連用形
・ 飛びちがひ … ハ行四段活用の動詞「飛びちがふ」の連用形
・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形

また、ただ一つ二つなど、
また、ほんの一匹か二匹が、


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved