羅城門


・ 今昔物語集「羅城門」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)>今昔物語集



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

羅城門・今昔物語集 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

今は昔、摂津の国のほとりより、
今では昔のことだが、摂津の国の辺りから、

盗みせむがために京に上りける男の、
盗みをするために京に上ってきた男が、
・ せ … サ行変格活用の動詞「す」の未然形
・ む … 意志の助動詞「む」の連体形
・ 上り … ラ行四段活用の動詞「上る」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

日のいまだ明かかりければ、羅城門の下に立ち隠れて立てりけるに、
日がまだ明かるかったので、羅城門の下に隠れて立っていたところ、
・ 明かかり … ク活用の形容詞「明かし」の連用形
・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形
・ 立ち隠れ … ラ行下二段活用の動詞「立ち隠る」の連用形
・ 立て … タ行四段活用の動詞「立つ」の命令形
・ り … 存続の助動詞「り」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

朱雀の方に人繁く歩きければ、
朱雀大路の方に人がたくさん往来していたので、
・ 繁く … ク活用の形容詞「繁し」の連用形
・ 歩き … カ行四段活用の動詞「歩く」の連用形
・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形


   


          [ 次のページに進む ]

人の静まるまでと思ひて、門の下に待ち立てりけるに、
人が寝静まるまでと思って、門の下で待って立っていたところ、

山城の方より人どものあまた来たる音のしければ、
山城の方から人々が大勢やって来ている音がしたので、

それに見えじと思ひて、門の上層にやはらかかづり登りたりけるに、
その人たちに見られまいと思って、羅城門の上の階にそっとよじ登った時に、

見れば、灯ほのかにともしたり。
見ると、明かりをぼんやりと灯していた。

盗人、あやしと思ひて、連子よりのぞきければ、
盗人は、不思議だと思って、連子窓からうかがい見たところ、

若き女の死にて臥したるあり。
若い女で死んで横たわっているのがある。

その枕上に灯をともして、年いみじく老いたる嫗の白髪白きが、
その枕元に明かりを灯して、ひどく年老いた老婆で髪の毛が真っ白なのが、

その死人の枕上に居て、死人の髪をかなぐり抜き取るなりけり。
その死人の枕元に座って、死人の髪の毛をかきむしり抜き取っていたのだ。

盗人、これを見るに、心も得ねば、
盗人は、これを見ると、わけもわからないので、

これは、もし鬼にやあらむと思ひて、
これは、もしかしたら鬼だろうかと思って、

恐ろしけれども、もし死人にてもぞある、
恐ろしかったが、もしかして死んだ人だといけない、

脅して試みむと思ひて、やはら戸を開けて、刀を抜きて、
脅かして試してみようと思って、そっと戸を開けて、刀を抜いて、

「おのれは、おのれは。」と言ひて走り寄りければ、
「こいつめ、こいつめ。」と言って走り寄ると、

嫗、手惑ひをして、手を摺りて惑へば、盗人、
老婆は、あわてふためいて、手をすり合わせて困惑しているので、盗人が、

「こは、何ぞの嫗の、かくはし居たるぞ。」と問ひければ、
「これは、どんな婆さんが、こんなことをしているのか。」と尋ねたところ、

嫗、「おのれが主にておはしましつる人の失せ給へるを、
老婆は、「私の主人でいらっしゃった人で亡くなられた人を、

あつかふ人のなければ、かくて置き奉りたるなり。
処置する者がいないので、こうして置き申し上げているのです。

その御髪の、丈にあまりて長ければ、
その御髪が、背の高さを越えて長いので、

それを抜き取りて鬘にせむとて抜くなり。
それを抜き取ってかつらにしようと思って抜くのです。

助け給へ。」と言ひければ、
お助けください。」と言ったので、

盗人、死人の着たる衣と、嫗の着たる衣と、
盗人は、死人の着ている衣服と、老婆の着ている衣服と、

抜き取りてある髪とを奪ひ取りて、下り走りて逃げて去りにけり。
抜き取ってある髪とを奪い取って、階下に降り走って逃げ去ってしまった。

さて、その上の層には死人の骸骨ぞ多かりける。
ところで、羅城門の上の層には死人の骸骨が多かった。

死にたる人の葬りなどえせぬをば、この門の上にぞ置きける。
死んだ人で埋葬などのできない人を、この門の上に置いたのだった。

このことは、その盗人の人に語りけるを聞き継ぎて、
このことは、その盗人が人に語ったのを聞き継いで、

かく語り伝へたるとや。
このように語り伝えているとかいうことだ。


   






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved