鼓腹撃壌


HOME(漢文記事一覧)


・ 現代語訳、書き下し文、原文、読み方

・ 「鼓腹撃壌」とは、「世の中が太平であること、太平な世の中で生活を楽しむこと」を意味します。





 [ 鼓腹撃壌 書き下し文1 ]

鼓腹撃壌 書き下し文


     [ 現代語訳 ]

帝尭陶唐氏は帝嚳の子である。

その仁徳は天のようであり、その知力は神のようであった。

近づくと太陽のように温かく、

遠くから眺めると雲のように非常に美しく優れていた。

平陽を都とした。

かやぶきの屋根の端は切りそろえず、

土で作った階段は三段だけだった。

天下を治めて五十年になった。

天下がよく治まっているのか、治まっていないのか、

人民が自分に天子として敬い仕えることを願っているのか、

願っていないのかが分からなかった。


     [ 語句・句法 ]

・ 就く … 近づく

・ 望む … 遠くから眺める

・ 茆茨 … かやぶきの家

・ 剪る … 切りそろえる

・ 土階 … 土で作った階段

・ 三等 … 三段

・ 億兆 … 人民

・ 戴く … 上の者として敬い仕える


 [ 鼓腹撃壌 書き下し文2 ]

鼓腹撃壌 書き下し文


     [ 現代語訳 ]

側に仕える家臣に尋ねても分からない。

朝廷の役人に尋ねても分からない。

民間の者に尋ねても分からない。

そこで身なりを変えて街中に出かけていき、童謡を耳にした。

(童謡に)言う、「われわれ民衆が生活できるのは、

すべてあなたの最高の徳のおかげです。

知らず知らず、天子のお手本に従っている」と。

老人がいた。口中に食物をほおばり、腹つづみを打ち、

足で地面を踏み鳴らして歌って言った、

「日が出れば働き、日が沈めば休む。


     [ 語句・句法 ]

・ 左右 … 側に仕える家臣

・ 外朝 … 朝廷の役人

・ 在野 … 民間の人

・ 乃ち … そこで

・ 微服す … 身なりをやつす

・ 康衢 … にぎやかな街中

・ 遊ぶ … ぶらぶらして時を過ごす

・ 烝民 … 多くの人民

・ 立つ … 生活を成り立たせる

・ 爾 … あなた

・ 極 … 最高にすぐれた徳

・ 匪ざる莫し … 全て〜である(二重否定)

・ 則 … 手本

・ 哺 … 口中に含まれた食物

・ 腹を鼓す … 腹つづみを打つ

・ 壌を撃つ … 足で地面を踏み鳴らす


 [ 鼓腹撃壌 書き下し文3 ]

鼓腹撃壌 書き下し文


     [ 現代語訳 ]

井戸を掘って水を飲み、田畑を耕して食べる。

天子の力がどうして私に関わりがあろうか、何も関わりない」と。

尭が帝位について七十年経ったころ、九年間洪水が続いた。

鯀にこれを治めさせようとした。

九年経っても実績があがらなかった。

尭は年老いて任務に飽きた。

四岳は舜を推挙して、政務を代行させた。

尭の子丹朱は親に似ず愚かであった。

そこで舜を天に推薦した。

尭が死んで、舜が即位した。


     [ 語句・句法 ]

・ 立つ … 高位につく

・ 水 … 洪水

・ 載 … 年

・ 勤め … 任務

・ 倦む … 飽きる

・ 四嶽 … 泰山・崋山・恒山・衡山の総称

・ 摂行す … 職務を代わって行う

・ 不肖 … 親や師に似ず愚かなこと

・ 乃ち … そこで

・ 崩ず … 天子が死ぬ




     [ 原文 ]

帝尭陶唐氏帝嚳子也。

其仁如天、其知如神。

就之如日、望之如雲。

都平陽。茆茨不剪、土階三等。

治天下五十年。

不知天下治歟、不治歟、

億兆願戴己歟、不願戴歟。

問左右不知。問外朝不知。問在野不知。

乃微服遊於康衢、聞童謡。

曰、「立我烝民 莫匪爾極。

不識不知、順帝之則。」

有老人、含哺鼓腹、撃壌而歌曰、

「日出而作、日入而息。

鑿井而飲、耕田而食。

帝力何有於我哉。」

尭立七十年、有九年之水。

使鯀治之。九載不績。尭老倦于勤。

四嶽挙舜、摂行天下事。

尭子丹朱不肖。乃薦舜於天。

尭崩、舜即位。





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved