黔之驢


HOME(漢文記事一覧)>詳しい解説
 

「黔之驢」「黔驢之技」とは、「自分の技量が劣っていることを自覚せずに恥をかくこと」を意味します。







          [ 現代語訳 ]

黔州には驢馬はいなかった。
物好きな人がいて、船に乗せて入ってきた。
到着しても使いようがないので、山の麓に放した。
虎がこれを見ると、とても大きな生き物である。
神と見なして、林の中に隠れてこれを密かに覗いて見ていた。
少しずつ出てきてこれに近づくと、うやうやしくて関心がない様子だった。
別の日、驢馬が一声鳴いた。
虎は非常に驚き、遠くに逃げて、今にも自分を噛もうとしたのだと思い、ひどく恐れた。
そうではあるが、往ったり来たりしてこれを観察すると、特別な才能の無い者のように思われた。
ますますその鳴き声にも慣れて、また近づいて前や後ろに出現したが、しいて掴みかかりはしなかった。
少しずつ近づいて一層馴れ馴れしくし、体をすり寄せたり突き当たったりした。
驢馬は怒りを抑えきれずに、これを蹴った。
虎はそこで喜び、これを推し量って言うには、「技はただこれだけだ。」と。
そこで跳びかかって大きく吠え、その喉を喰いちぎり、その肉を喰い尽くして、そのまま去っていった。
ああ、体が大きいのは徳があるように見えるし、声が大きいのは能力があるように見える。
あの時その技を出していなければ、虎が猛々しくても、疑い恐れて、最後まで決して捕獲することはなかったであろう。
今こんな有様である。悲しいことだなあ。


           [ 書き下し文・読み ]

黔之驢 書き下し文・読み

黔之驢 書き下し文・読み





       [ 原文・書き下し文・現代語訳 ]

黔無驢。
黔に驢無し。
黔州には驢馬はいなかった。

有好事者、船載以入。
好事者有り、船に載せて以て入る。
物好きな人がいて、船に乗せて入ってきた。

至則無可用、放之山下。
至れば則ち用ゐるべき無く、之を山下に放つ。
到着しても使いようがないので、山の麓に放した。

虎見之、尨然大物也。
虎之を見るに、尨然として大なる物なり。
虎がこれを見ると、とても大きな生き物である。

以為神、蔽林間窺之。
以て神と為し、林間に蔽れて之を窺ふ。
神と見なして、林の中に隠れてこれを密かに覗いて見ていた。

稍出近之、憖憖然莫相知。
稍く出でて之に近づくに、憖憖然として相知る莫し。
少しずつ出てきてこれに近づくと、恭しく慎み深くしていて関心がない様子だった。

他日驢一鳴。
他日、驢一たび鳴く。
別の日、驢馬が一声鳴いた。

虎大駭、遠遁、以為且噬已也、甚恐。
虎大いに駭き、遠く遁れ、以て且に己を噬まんとすと為し、甚だ恐る。
虎は非常に驚き、遠くに逃げて、今にも自分を噛もうとしたのだと思い、ひどく恐れた。

然往来視之、覚無異能者。
然れども往来して之を視るに、異能無き者に覚ゆ。
しかし、往ったり来たりしてこれを観察すると、特異な能力の無い者のように思われた。

益習其声、又近出前後、終不敢搏。
益其の声に習れ、又近づきて前後に出づれども、終に敢へて搏たず。
ますますその鳴き声にも慣れて、また近づいて前や後ろに出現したが、しいて掴みかかりはしなかった。

稍近益狎、蕩倚衝冒。
稍く近づきて益狎れ、蕩倚し衝冒す。
少しずつ近づいて一層馴れ馴れしくし、体をすり寄せたり突き当たったりした。

驢不勝怒、蹄之。
驢怒りに勝へず、之を蹄る。
驢馬は怒りを抑えきれずに、これを蹴ってしまった。

虎因喜、計之曰、「技止此耳。」
虎因りて喜び、之を計りて曰はく、「技止だ此のみ。」と。
虎はそこで喜び、これを推し量って言った、「技はただこれだけだ。」と。

因跳踉大闞、断其喉、尽其肉乃去。
因りて跳踉して大いに闞え、其の喉を断ち、其の肉を尽くして、乃ち去る。
そこで跳びかかって大きく吠え、その喉を喰いちぎり、その肉を食べ尽くして、そのまま去っていった。

噫、形之尨也、類有?、声之宏也、類有能。
噫、形の尨なるや、徳有るに類し、声の宏なるや、能有るに類す。
ああ、体が大きいのは徳があるように見えるし、声が大きいのは能力があるように見える。

向不出其技、虎雖猛、疑畏、卒不敢取。
向に其の技を出ださざれば、虎猛なりと雖も、疑ひ畏れ、卒に敢へて取らざらん。
あの時その技を出していなければ、虎が猛々しくても、疑い恐れて、最後まで決して捕食することはなかっただろう。

今若是焉。悲夫。
今是くの若し。悲しいかな。
今こんな有様である。悲しいことだなあ。









Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved