鶏口牛後


・ 「鶏口牛後」とは、「大きな組織の下位にいるよりも小さな組織の頂点にいるほうがよい」という意味です。

・ 後半の「蘇秦者、師鬼谷先生〜以賜宗族・朋友。」の部分は、[ 現代語訳・書き下し文 ]の後に掲載しています。

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

鶏口牛後・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 地を割く … 領土を分割する

・ 游説す … 意見や政策を説いて歩く

・ 乃ち … そこで

・ 従親す … 南北に同盟する


     [ 原文 ]

 秦人恐喝諸侯、求割地。

 有洛陽人蘇秦。游説秦恵王不用。

 乃往説燕文侯、与趙従親。


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

鶏口牛後・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 資す … 資金を与えて助ける

・ 卒 … 兵隊

・ 計る … 企てる

・ 擯く … 撃退する

・ 若くは莫し … 勝るものはない


     [ 原文 ]

 燕資之、以至趙。

 説粛侯曰、「諸侯之卒、十倍於秦。

 幷力西向、秦必破矣。

 為大王計、莫若六国従親以擯秦。」


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

鶏口牛後・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 鄙諺 … 世間で使われていることわざ

・ 寧ろ〜 … 〜のほうがよい

・ 鶏口 … 鶏の嘴(小さな独立した国)

・ 牛後 … 牛の尻(大きな国の属国)

・ 是に於いて … そこで

・ 従合す … 南北に同盟する


     [ 原文 ]

 粛侯乃資之、以約諸侯。

 蘇秦以鄙諺説諸侯曰、

 「寧為鶏口、無為牛後。」

 於是、六国従合。




     [ 原文 ]

 蘇秦者、師鬼谷先生。

 初出遊、困而帰。

 妻不下機、嫂不為炊。

 至是為従約長、并相六国。

 行過洛陽。

 車騎輜重、擬於王者。

 昆弟妻嫂、側目不敢視、俯伏侍取食。

 蘇秦笑曰、「何前倨而後恭也。」

 嫂曰、「見季子位高金多也。」

 秦喟然歎曰、「此一人之身、富貴則親戚畏懼之、貧賎則軽易之。

 況衆人乎。

 使我有洛陽負郭田二頃、豈能佩六国相印乎。」

 於是散千金、以賜宗族・朋友。


     [ 書き下し文 ]

蘇秦は、鬼谷先生を師とす。

初め出遊し、困しみて帰る。

妻は機を下らず、嫂は為に炊がず。

是に至りて従約の長と為り、六国に并せ相たり。

行きて洛陽に過ぎる。

車騎輜重、王者に擬す。

昆弟妻嫂、目を側めて、敢へて視ず。

俯伏し侍して食を取る。

蘇秦笑ひて曰はく、「何ぞ前には倨りて後には恭しきや。」と。

嫂曰はく、「季子の位高く金多きを見ればなり。」と。

秦喟然として歎じて曰はく、「此れ一人の身なるに、富貴なれば則ち親戚すら之を畏懼し、貧賎なれば則ち之を軽易す。

況んや衆人をや。

我をして洛陽負郭の田二頃有らしめば、豈に能く六国の相印を佩びんや。」と。

是に於いて千金を散じ、以て宗族・朋友に賜ふ。


     [ 現代語訳 ]

蘇秦は、鬼谷先生を師とした。

初めて遊説に出て、困窮して帰ってきた。

妻は機織をやめず、兄嫁は蘇秦に飯を作らなかった。

現在では同盟の長となり、六国の宰相を兼ねていた。

道中で洛陽に立ち寄った。

兵車や騎馬や荷車は、王のものと見まちがえそうだった。

兄弟や妻や兄嫁は、目をそらせて、まともに見ようとしなかった。

ひれ伏し、そばに控えて給仕をした。

蘇秦が笑って言うには、「どうして以前は威張っていたのに、今はうやうやしいのか。」と。

兄嫁が言うには、「あなたの地位が高く金持ちなのを見ているからです。」と。

蘇秦がため息をつき嘆いて言うには、「一人の人間なのに、金持ちで地位が高ければ親戚でさえその人を恐れはばかり、貧乏で地位が低ければその人を侮り軽んじる。

まして一般の人なら、なおさらだ。

私に洛陽の城壁近くに肥沃な田地が二頃あれば、どうして六国の相印を身につけることができただろうか。」と。

そこで大金を分散して、一族や友人に与えた。




     [ 現代語訳 ]

秦の国は諸侯をおどして、領土を割譲することを求めた。

洛陽の人で蘇秦という者がいた。

秦の恵王のところに行き説いたが、採用されなかった。

そこで燕に赴いて文侯に説き、趙と南北に同盟を結ばせようとした。

燕はこれに資金を与え、そして趙に行かせた。

粛侯に説いて言った、「諸侯の兵力は、秦の十倍あります。

協力して西方に進軍すれば、秦は必ず敗れるでしょう。

大王のために計画を立てますに、六国が南北に同盟を結んで、そして秦を排斥するのに勝るものはありません。」と。

粛侯はそこでこれに資金を与え、そして諸侯に同盟を約束させた。

蘇秦は世俗のことわざを用いて諸侯に説いて言った、

「鶏のくちばしになっても、牛の尻になってはならない。」と。

そこで六国は南北に同盟を結んだ。


     [ 書き下し文 ] 秦人諸侯を恐喝して、地を割かんことを求む。

洛陽の人蘇秦といふもの有り。

秦の恵王に遊説して用ゐられず。

乃ち往きて燕の文侯に説き、趙と従親せしめんとす。

燕之に資して、以て趙に至らしむ。

粛侯に説きて曰はく、「諸侯の卒、秦に十倍す。

力を并せて西に向かはば、秦必ず破れん。

大王の為に計るに、六国従親して以て秦を擯くるに若くは莫し。」と。

粛侯乃ち之に資して、以て諸侯を約せしむ。

蘇秦鄙諺を以て諸侯に説きて曰はく、「寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ。」と。

是に於いて、六国従合す。







Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved