桂林荘雑詠諸生に示す


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

桂林荘雑詠示諸生・広瀬淡窓 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 雑詠 … いろんな事物を詠んだ詩歌

・ 同袍 … どてらを貸借するほどの親友

・ 柴扉 … 柴の戸


    [ 原文 ]

 休 道 他 郷 多 苦 辛

 同 袍 友 有 自 相 親

 柴 扉 暁 出 霜 如 雪

 君 汲 川 流 我 拾 薪


桂林荘雑詠示諸生・広瀬淡窓 形式・押韻・対句・主題


   [ 現代語訳 ]

嘆いてはいけない、異郷には苦しみ辛さが多いなどと。

どてらを貸借する親友がいて、自然に友情もわいてくる。

朝早く柴の戸から外に出ると、霜が雪のように真っ白だ。

君は川の水を汲んで来てくれ、私は薪を拾いに行こう。


   [ 書き下し文 ]

道ふを休めよ他郷苦辛多しと

同袍友有り自づから相親しむ

柴扉暁に出づれば霜雪のごとし

君は川流を汲め我は薪を拾はん






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved