冬夜の読書


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

冬夜読書・菅茶山 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 山堂 …  山の草庵 ・ 檐鈴 …  軒につるした風鈴

・ 沈沈 …  夜の更けてゆくさま

・ 乱帙 …  帙から出して散らかした書物

・ 疑義 … 意味のよくわからない箇所

・ 一穂の青灯 … 一つの青白い灯火

・ 万古 … 遠い昔

・ 万古心 … 大昔の聖賢の心


    [ 原文 ]

 雪 擁 山 堂 樹 影 深

 檐 鈴 不 動 夜 沈 沈

 閑 収 乱 帙 思 疑 義

 一 穂 青 灯 万 古 心


冬夜読書・菅茶山 形式・押韻・対句・主題


   [ 現代語訳 ]

雪が山の草庵をうずめ、樹木も雪に深く覆われている。

軒につるした風鈴は動かず、夜はしんしんと更けてゆく。

帙から出して散らかした書物を静かに片付けながら、意味のよくわからない箇所を考える。

一つの青白い灯火が、 大昔の聖賢の心を照らし出す。


   [ 書き下し文 ]

雪は山堂を擁して樹影深く

檐鈴動かず夜沈沈

閑かに乱帙を収めて疑義を思ふ

一穂の青灯万古の心






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved