洞庭に臨む


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

臨洞庭・孟浩然 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 洞庭 … 長江中流域にある広大な湖

・ 虚 … 空

・ 涵す … 水につける

・ 太清 … 天

・ 混ず … ひとつに混ざりあう

・ 気が蒸す … 水蒸気が立ちのぼる

・ 撼がす … ゆり動かす

・ 城 … 城壁で囲まれた町


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

臨洞庭・孟浩然 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 済る … 官職を得る

・ 舟楫 … つて

・ 端居す … なすことなく一人いる

・ 聖明 … 立派な天子の世

・ 坐ろに … なにとはなしに

・ 徒らに … むやみに

・ 魚を羨む … 官職を欲しがる


   [ 原文 ]

 八 月 湖 水 平

 涵 虚 混 太 清

 気 蒸 雲 夢 沢

 波 撼 岳 陽 城

 欲 済 無 舟 楫

 端 居 恥 聖 明

 坐 観 垂 釣 者

 徒 有 羨 魚 情


臨洞庭・孟浩然 形式・押韻・対句・主題


   [ 現代語訳 ]

八月、湖水はみなぎり、平らになっている。

空をひたして、天とひとつになっている。

水蒸気が雲夢沢に立ちのぼる。

波が岳陽の町をゆり動かす。

官職を得たいけれど、その手だてがない。

何もしないで一人いるのは、立派な天子の世に恥ずかしい。

なにとはなしに釣り糸を垂れている者を見ていると

むなしく官職を欲しがる気持ちが起こってくる。


   [ 書き下し文 ]

八月湖水平らかなり

虚を涵して太清に混ず

気は蒸す雲夢の沢

波は撼がす岳陽城

済らんと欲するに舟楫無し

端居聖明に恥づ

坐ろに釣りを垂るる者を観れば

徒らに魚を羨むの情有り






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved