門を出でず


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)




 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

不出門・菅原道真 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 謫落す … 官位を下げて流罪にする

・ 柴荊 … 粗末な住居

・ 兢兢たり … 恐れてびくびくするさま

・ 跼 … 身をかがめること

・ 蹐 … ぬき足さし足で歩くこと


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

不出門・菅原道真 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 懐 … ふところ

・ 撿 … 手をしばること

・ 繋 … つなぐこと

・ 寸歩 … わずかな距離

・ 〜行かんや ⇒ や(係助詞・反語)


    [ 原文 ]

 一 従 謫 落 在 柴 荊

 万 死 兢 兢 跼 蹐 情

 都 府 楼 纔 看 瓦 色

 観 音 寺 只 聴 鐘 声

 中 懐 好 逐 孤 雲 去

 外 物 相 逢 満 月 迎

 此 地 雖 身 無 撿 繋

 何 為 寸 歩 出 門 行


不出門・菅原道真 形式・押韻・対句・主題


    [ 現代語訳 ]

いちど位を下げられ流されて粗末な住居に住んでから

いつも死を恐れ、身をかがめ、ぬき足さし足で歩く気持ち。

都府楼は、わずかに瓦の色を眺めるだけで

観音寺は、ただ鐘の音を聴くだけである。

胸中の、浮き雲が流れ去るのをさあ追いかけようとの思い。

外側の、迎えてくれる満月にさあ逢おうという世界。

この地では手を縛られつながれることはないが

きわめて近い距離であっても、どうして門を出ていこうか。


    [ 書き下し文 ]

一たび謫落せられて柴荊に在りてより

万死兢兢たり跼蹐の情

都府楼は纔かに瓦の色を看

観音寺は只だ鐘の声をのみ聴く

中懐は好し逐はん孤雲の去るを

外物は相逢はん満月の迎ふるに

此の地身の撿繋せらるること無しと雖も

何為れぞ寸歩も門を出でて行かんや






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved