楓橋夜泊


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

楓橋夜泊・張継 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 江楓 … 川辺の楓の木

・ 漁火 … いさり火

・ 愁眠 … 旅愁のための浅い眠り

・ 夜半 … 真夜中

・ 客船 … 旅人を乗せる船


    [ 原文 ]

 月 落 烏 啼 霜 満 天

 江 楓 漁 火 対 愁 眠

 姑 蘇 城 外 寒 山 寺

 夜 半 鐘 声 到 客 船


楓橋夜泊 張継 形式・押韻・対句・主題


    [ 現代語訳 ]

月は沈み、烏が鳴いて、霜の気配が天に満ちている。

川辺の楓の木々の間に、漁火が、旅愁で眠れない目に映る。

姑蘇の城外にある寒山寺から

夜半を告げる鐘の音が、旅人を乗せる船にまで響いてきた。


    [ 書き下し文 ]

月落ち烏啼いて霜天に満つ

江楓漁火愁眠に対す

姑蘇城外の寒山寺

夜半の鐘声客船に到る






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved