廬山の瀑布を望む


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)




 [ 現代語訳・書き下し文 ]

望廬山瀑布・李白 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 香炉 … 香炉峰

・ 紫煙 … 紫色のもや

・ 瀑布 … 滝

・ 挂く … 掛ける

・ 飛流 … 飛ぶような勢いの流れ

・ 直下 … まっすぐに落下する

・ 疑ふらく … 疑ったこと

・ 銀河 … 天の川

・ 九天 … 天の最も高い所


    [ 原文 ]

 日 照 香 炉 生 紫 煙

 遥 看 瀑 布 挂 長 川

 飛 流 直 下 三 千 尺

 疑 是 銀 河 落 九 天


望廬山瀑布・李白 形式・押韻・対句・主題


    [ 現代語訳 ]

太陽が香炉峰を照らすと紫色のもやが立ちのぼる。

遥かに滝が長い川を掛けたかのように落下するのが見える。

飛ぶような流れは三千尺もまっすぐに落ちている。

まるで天の川が天空から流れ落ちるように思われるほどだ。


    [ 書き下し文 ]

日は香炉を照らして紫煙を生ず

遥かに看る瀑布の長川を挂くるを

飛流直下三千尺

疑ふらくは是れ銀河の九天より落つるかと






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved