咸陽城の東楼


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)




 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

咸陽城東楼・許渾 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 咸陽 … 秦の古都

・ 城 … 城壁に囲まれた町

・ 東楼 … 東の城壁に建てられた高楼

・ 一たび … たまたま

・ 蒹霞 … 萩や葦

・ 楊柳 … 柳

・ 汀洲 … 中洲

・ 溪雲 … 谷間からわきおこる雲

・ 初めて〜 … 〜したばかり

・ 閣 … 高い建物


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

咸陽城東楼・許渾 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 緑蕪 … 緑の雑草の茂る荒れ野

・ 行人 … 旅人

・ 莫〜 … 〜するな(禁止)

・ 当年 … その当時

・ 故国 … 古い都、咸陽

・ 東来 … 東の方に


   [ 原文 ]

 一 上 高 城 万 里 愁

 蒹 葭 楊 柳 似 汀 洲

 溪 雲 初 起 日 沈 閣

 山 雨 欲 来 風 満 楼

 鳥 下 緑 蕪 秦 苑 暮

 蝉 鳴 黄 葉 漢 宮 秋

 行 人 莫 問 当 年 事

 故 国 東 来 渭 水 流


咸陽城東楼 形式・押韻・対句・主題


   [ 現代語訳 ]

何気なく高楼に登り眺めると、はるか遠くまで愁いに満ち

萩や葦が茂り柳が連なり、まるで江南の中洲のようである。

谷間から雲がわき起こるとき、太陽は高楼のかなたに沈み

山から雨が降って来そうで、風は楼いっぱいに吹き込む。

鳥が緑草茂る荒野に舞いおりて、秦の御苑は夕暮れとなる。

蝉が黄に色づいた葉陰で鳴き、漢の宮殿は秋の気配である。

旅人よ、聞かないでくれ、その当時のことを。

古い都を東の方に渭水が流れてゆく。


   [ 書き下し文 ]

一たび高城に上れば万里愁へ

蒹霞楊柳汀洲に似たり

溪雲初めて起こりて日閣に沈み

山雨来たらんと欲して風楼に満つ

鳥は緑蕪に下る秦苑の暮れ

蝉は黄葉に鳴く漢宮の秋

行人問ふ莫かれ当年の事を

故国東来渭水流る






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved