独り敬亭山に坐す


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

独坐敬亭山 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 衆鳥 … 多くの鳥

・ 孤雲 … はなれ雲

・ 相看る … たがいに見つめ合う

・ 両に … 作者も敬亭山も

・ 厭ふ … いやになる

・ 只だ〜のみ … ただ〜だけだ(限定)


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 衆鳥(しゆうてう) ⇒ 衆鳥(しゆうちよう)

・ 閑(しづ)か ⇒ 閑(しず)か

・ 相看(あひみ)て ⇒ 相看(あいみ)て

・ 厭はざる ⇒ 厭わざる


   [ 原文 ]

 衆 鳥 高 飛 尽

 孤 雲 独 去 閑

 相 看 両 不 厭

 只 有 敬 亭 山


独坐敬亭山 形式・押韻・対句・主題


   [ 現代語訳 ]

たくさんの鳥が空高く飛んで消え去り

はなれ雲がひとつ流れていって、静かさにつつまれる。

たがいに見つめ合ってどちらも見飽きないのは

ただ敬亭山があるだけだ。


   [ 書き下し文 ]

衆鳥高く飛びて尽き

孤雲独り去つて閑かなり

相看て両に厭はざるは

只だ敬亭山有るのみ






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved