春夜洛城に笛を聞く


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

春夜洛城聞笛 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 洛城 … 洛陽の町

・ 玉笛 … 笛の美称

・ 暗に … それとなく

・ 折柳 … 「折楊柳」

・ 故園 … 生まれ故郷


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 家(いへ) ⇒ 家(いえ)

・ 声(こゑ) ⇒ 声(こえ)

・ 洛城(らくじやう) ⇒ 洛城(らくじよう)

・ 折柳(せつりう) ⇒ 折柳(せつりゆう)

・ 故園(こゑん) ⇒ 故園(こえん)

・ 情(じやう) ⇒ 情(じよう)


     [ 原文 ]

 誰 家 玉 笛 暗 飛 声

 散 入 春 風 満 洛 城

 此 夜 曲 中 聞 折 柳

 何 人 不 起 故 園 情


宿建徳江 形式・押韻・対句・主題


     [ 現代語訳 ]

どこの誰が吹くのか、どこからともなく笛の音が聞こえる。

散らばって春風に乗って洛陽の町中に響きわたる。

この夜の曲の中に折楊柳の調べが聞こえる。

誰が故郷を思う気持ちを起こさないだろうか。


     [ 書き下し文 ]

誰が家の玉笛ぞ暗に声を飛ばす

散じて春風に入りて洛城に満つ

此の夜曲中に折柳を聞く

何人か故園の情を起こさざらん






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved