建徳江に宿る


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

宿建徳江 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 煙 … もや

・ 渚 … 岸辺

・ 日暮 … 日暮れ

・ 客 … 旅人

・ 愁 … 愁い


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 客愁(かくしう) ⇒ 客愁(かくしゆう)

・ 江(かう) ⇒ 江(こう)


   [ 原文 ]

 移 舟 泊 煙 渚

 日 暮 客 愁 新

 野 曠 天 低 樹

 江 清 月 近 人


宿建徳江 形式・押韻・対句・主題


   [ 現代語訳 ]

舟を移動させて夕もやにつつまれた岸辺に泊まった。

日暮れには旅の愁いがあらためて身にしみる。

野原は広々として、天は樹々のところまで垂れ下がり、

川は清らかで、月は人のすぐ近いところにある。


   [ 書き下し文 ]

舟を移して煙渚に泊す

日暮客愁新たなり

野曠くして天は樹より低く

江清くして月は人に近し






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved