山中の対酌


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

山中対酌 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 対酌す … 向かい合って酒を酌みかわす

・ 且く … とりあえず

・ 意有らば … 気が向けば


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 両人(りやうじん) ⇒ 両人(りようじん)

・ 山花(さんくわ) ⇒ 山花(さんか)

・ 酔(ゑ)う ⇒ 酔(え)う

・ 明朝(みやうてう) ⇒ 明朝(みようちよう)


     [ 原文 ]

 両 人 対 酌 山 花 開

 一 杯 一 杯 復 一 杯

 我 酔 欲 眠 君 且 去

 明 朝 有 意 抱 琴 来


山中対酌 形式・押韻・対句・主題


     [ 現代語訳 ]

二人向かい合って酒をくみかわすと山には花が開いている。

一杯一杯もう一杯。

私は酔って眠りたいと思う、君はひとまず帰ってくれ。

明日の朝、気が向いたら琴を持って来てくれ。


     [ 書き下し文 ]

両人対酌すれば山花開く

一杯一杯復た一杯

我酔うて眠らんと欲す君且く去れ

明朝意有らば琴を抱きて来たれ






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved