秋風の引


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

秋風引 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 引 … 歌曲

・ 何処〜 … どこから〜か(疑問)

・ 蕭蕭 … 風の音の形容

・ 朝来 … 朝

・ 客 … 旅人


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 何(いづ)れ ⇒ 何(いず)れ

・ 秋風(しうふう) ⇒ 秋風(しゆうふう)

・ 蕭蕭(せうせう) ⇒ 蕭蕭(しようしよう)

・ 朝来(てうらい) ⇒ 朝来(ちようらい)


   [ 原文 ]

 何 処 秋 風 至

 蕭 蕭 送 雁 群

 朝 来 入 庭 樹

 孤 客 最 先 聞


秋風引 形式・押韻・対句・主題


   [ 現代語訳 ]

どこから秋風が吹いてくるのか。

もの寂しい音をたてて雁の群を送っている。

今朝がた庭の木々に吹きこんできて、

孤独な旅人が誰よりも先に聞きつけた。


   [ 書き下し文 ]

何れの処より秋風至る

蕭蕭として雁群を送る

朝来庭樹に入りて

孤客最も先に聞く






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved