磧中の作


   白文の原文、ひらがなの読み。

   形式、押韻、対句、主題、心情。

   HOME(漢文記事一覧)



 [ 現代語訳・書き下し文 ]

磧中作 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 碩中 … 砂漠の中

・ 欲〜 … 〜しそうである

・ 欲到天 ⇒ はるか遠くで天と地が接しているように見える

・ 辞す … 辞去する

・ 両回 … 二回

・ 平沙 … 広々とした砂原

・ 人煙 … 人家から立ちのぼる煙


 [ 歴史的かなづかい ⇒ 現代かなづかい ]

・ 家(いへ) ⇒ 家(いえ)

・ 両回(りやうくわい) ⇒ 両回(りようかい)

・ 何(いづ)れ ⇒ 何(いず)れ


     [ 原文 ]

 走 馬 西 来 欲 到 天

 辞 家 見 月 両 回 円

 今 夜 不 知 何 処 宿

 平 沙 万 里 絶 人 煙


磧中作 形式・押韻・対句・主題


     [ 現代語訳 ]

馬を走らせて西方へやって来たが天に届きそうである。

家を去ってから月が二回も満月になるのを見た。

今夜はどこに宿泊することになるのかわからない。

平坦な広い砂原でどこにも人家の煙は見あたらない。


     [ 書き下し文 ]

馬を走らせて西来天に到らんと欲す

家を辞してより月の両回円なるを見る

今夜は知らず何れの処にか宿せん

平沙万里人煙絶ゆ






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved