芥川


・ 伊勢物語「芥川」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>伊勢物語



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

芥川・伊勢物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、
昔、男がいた。手に入れることができそうもなかった女を、
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形
☆ え(〜打消) … 〜できない
・ 得 … ア行下二段活用の動詞「得(う)」の終止形
・ まじかり … 打消推量の助動詞「まじ」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

年を経てよばひわたりけるを、
幾年にもわたって求婚し続けてきたが、
・ 経 … ハ行下二段活用の動詞「経(ふ)」の連用形
・ よばひわたり … ラ行四段活用の動詞「よばひわたる」の連用形
○ よばふ … 求婚する
☆ 〜わたる … ずっと〜する
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。
やっとのことで盗み出して、ひどく暗い夜に連れてきた。
・ 盗み出で … ダ行下二段活用の動詞「盗み出づ」の連用形
☆ いと … (基本)程度がはなはだしい
          (文脈)たいそう
・ 暗き … ク活用の形容詞「暗し」の連体形
・ 来 … カ行変格活用の動詞「来(く)」の連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

芥川といふ川を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、
芥川という川のほとりを連れて行ったところ、草の上に降りていた露を、
・ いふ … ハ行四段活用の動詞「いふ」の連体形
・ 率 … ワ行上一段活用の動詞「率る」の連用形
○ 率る … 引き連れる
・ 行き … カ行四段活用の動詞「行く」の連用形
・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形
・ 置き … カ行四段活用の動詞「置く」の連用形
・ たり … 存続の助動詞「たり」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形


          [ 次のページに進む ]


「かれは何ぞ。」となむ男に問ひける。
「あれは何ですか。」と男に尋ねた。

行く先多く、夜も更けにければ、鬼ある所とも知らで、
行く先は遠く、夜も更けてしまったので、鬼がいる所とも知らないで、

神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、
その上雷までもたいそうひどく鳴り、雨も激しく降ってきたので、

あばらなる蔵に、女をば奥に押し入れて、
荒れはてた蔵に、女を奥の方に押し込んで、

男、弓・胡簶を負ひて戸口にをり、
男は、弓を持ち、胡簶を背負って戸口にいて、

はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、
早く夜が明けてほしいと思いながら座っていたところ、

鬼はや一口に食ひてけり。
鬼がたちまち一口で食ってしまった。

「あなや。」と言ひけれど、神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。
「あれっ。」と叫んだけれども、雷が鳴るさわがしさで聞くことができなかった。

やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来こし女もなし。
ようやく夜も明けてきたので、見ると、連れてきた女がいない。

足ずりをして泣けどもかひなし。
地だんだを踏んで泣いたが、どうしようもない。

  白玉か何ぞと人の問ひし時
  あれは白玉ですか何ですかとあの人が尋ねた時に、

  露と答へて消えなましものを
  あれは露ですと答えて消えてしまったらよかったのに。

これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、
これは、二条の后が、いとこの女御のお側に、

仕うまつるやうにてゐたまへりけるを、
お仕えするようにしておいでになっていたが、

かたちのいとめでたくおはしければ、
容貌がたいそうすぐれていらっしゃったので、

盗みて負ひて出でたりけるを、御兄堀河の大臣、太郎国経の大納言、
盗んで背負って出て行ったのだが、兄君の堀河の大臣、長男の国経の大納言が、

まだ下?にて内裏へ参りたまふに、
まだ官位の低い者であって宮中へ参上なさる時に、

いみじう泣く人あるを聞きつけて、とどめて取り返したまうてけり。
ひどく泣く人がいるのを聞きつけて、引き留めて取り返しなさった。

それを、かく鬼とは言ふなりけり。
それを、このように鬼と言ったのだ。

まだいと若うて、后のただにおはしける時とや。
まだとても若くて、后が普通の身分でいらっしゃった時のこととか。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved