ゆく川の流れ


HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる




ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
流れてゆく川の流れは絶えることがなくて、しかも、もとの水ではない。

よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
流れがよどんでいる所に浮かぶ水の泡は、一方で消え一方で発生して、

久しくとどまりたるためしなし。
いつまでもそのままでいる例はない。

世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。
世の中に存在する人と住居も、またこれと同様である。

たましきの都の内に、棟を並べ、甍を争へる、高き、
美しく立派な都の中に、棟を並べ、屋根の高さを競っている、身分の高い、

いやしき、人の住まひは、代々を経て尽きせぬものなれど、
身分の低い、人の住居は、何世代を経てもなくならないもののようであるが、

これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。
これを本当かと調べてみると、昔あった家はめったにない。

あるいは去年焼けて今年作れり。
あるものは去年焼けて今年作ったものである。

あるいは大家滅びて小家となる。
あるものは大きな家が滅んで小さな家となっている。

住む人もこれに同じ。
住む人もこれと同様である。

所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、
場所も変わらず、人もたくさんいるが、昔会った人は、

二、三十人が中に、わづかに一人二人なり。
二、三十人の中に、わずかに一人か二人である。

朝に死に、夕べに生まるるならひ、
朝に死ぬ人がいるかと思えば、夕方に生まれる人がいるという世のきまりは、

ただ水の泡にぞ似たりける。
まったく水の泡によく似ていることよ。

知らず、生まれ死ぬる人、
わからない、生まれてくる人死んでいく人が、

いづ方より来たりて、いづ方へか去る。
どこからやって来て、どこへ去っていくのか。

また知らず、仮の宿り、
またわからない、はかないこの世の一時的な宿にすぎない住居を、

たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。
誰のために苦心して、何のために目を喜ばせるのか。

その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、
その、家の主人と住まいとが、滅び去るのを競う様子は、

いはば朝顏の露に異ならず。
たとえて言えば、朝顔の花とそれに置く露との関係に異ならない。

あるいは露落ちて花残れり。
ある場合は、露が落ちて花が残っている。

残るといへども朝日に枯れぬ。
残っているといっても朝日に当たって枯れてしまう。

あるいは花はしぼみて露なほ消えず。
ある場合は、花がしぼんで露はそのまま消えずにいる。

消えずといへども夕べを待つことなし。
消えずにいるといっても夕方までに消えないことはない。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved