HOME(古文記事一覧)



   次に進む     前に戻る


    [ 現代語訳・原文・語句 ]

木曾三百余騎、六千余騎が中を、
木曾の三百余騎は、六千余騎の中を、

縦様・横様・蜘蛛手・十文字に駆け割つて、
縦様・横様・蜘蛛手・十文字に馬で突進し撃ち破って、
・ 割る … 砕く
・ 割つ(促音便) ← 割り

後ろへつつと出でたれば、五十騎ばかりになりにけり。
後ろにつっと出たところ、五十騎ほどになってしまった。

そこを破つて行くほどに、土肥次郎実平二千余騎でささへたり。
そこを破って行くうちに、土肥次郎実平が二千余騎で守っていた。
・ 破つ(促音便) ← 破り
・ ささふ … 防ぎとめる


        次のページに進む





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved