坂落


HOME(古文記事一覧)



   次に進む     前に戻る


    [ 現代語訳・原文・語句 ]

御曹司、城廓はるかに見渡いておはしけるが、
御曹司は、城郭を遥かに見下ろしておられたが、
・ 見渡い(イ音便) ← 見渡し
・ おはし(尊敬の補助動詞「おはす」) … 敬意:作者 ⇒ 義経

「馬ども落といてみん。」とて、鞍置き馬を追ひ落とす。
「馬を落としてみよう。」と思って、鞍を置いた馬を追い落とす。
・ 落とい(イ音便) ← 落とし

あるいは足をうち折つて、転んで落つ。
ある場合は、足を折って、転んで落ちる。
・ うち折つ(促音便) ← うち折り
・ 転ん(で)(撥音便) ← 転び(て)

あるいは相違なく落ちてゆくもあり。
ある場合は、間違いなく落ちていくのもある。

        次のページに進む





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved