祇園精舎


HOME(古文記事一覧)

・ 祇園精舎 … インドにあった寺院で釈迦が説法を行った場所
・ 諸行無常 … 世の中のあらゆる事物が絶えず変化し続けること
・ 沙羅双樹の花の色 … 釈迦入滅の時、黄色から白に変わったといわれる
・ 盛者必衰の理 … 勢いの盛んな者も必ず衰える時があるという道理




    次に進む      前に戻る


    次に進む      前に戻る


       [ 現代語訳・原文・語句 ]

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
祗園精舎の鐘の音には、諸行無常の響きがある。
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の終止形

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
娑羅双樹の花の色は、盛者必衰の道理を表している。
・ あらはす … サ行四段活用の動詞「あらはす」の終止形

おごれる人も久しからず。
権勢を誇っている人も長くは続かない。
・ おごれ … ラ行四段活用の動詞「おごる」の命令形
・ おごる … 権勢を誇って思い上がった振る舞いをする
・ る … 存続の助動詞「り」の連体形
・ 久しから … シク活用の形容詞「久し」の未然形
・ 久し … 長い時間がたつ
・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形

ただ春の夜の夢のごとし。
まるで春の夜の夢のようである。
・ ただ … もっぱら
・ ごとし … 比況の助動詞「ごとし」の終止形

猛き者もつひには滅びぬ。
勇猛な者も最後には滅びてしまう。
・ 猛き … ク活用の形容詞「猛し」の連体形
・ 滅び … バ行上二段活用の動詞「滅ぶ」の連用形
・ ぬ … 完了の助動詞「ぬ」の終止形

ひとへに風の前の塵に同じ。
まったく風の前の塵と同じである。
・ ひとへに … まったく
・ 同じ … シク活用の形容詞「同じ」の終止形


    次に進む      前に戻る




Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved