鴻門之会・はんかい


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)>鴻門之会・詳しい解説





・ 下の画像クリックで次の画像に進む

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方


     [ 語句・句法 ]

・ 是に於いて … そこで

・ 〜何如 … 〜はどのようであるか

  読み「〜いかん」(疑問)


     [ 原文 ]

 於是張良至軍門、見樊噲。

 樊噲曰、「今日之事何如。」

 良曰、「甚急。今者項荘抜剣舞。

 其意常在沛公也。」

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 請う … どうか〜させてください

・ 命を同じくす … 生死をともにする

・ 即ち … すぐに

・ 帯ぶ … 身につける

・ 盾を擁す … 盾をかかえる

・ 戟 … 二つの枝刃の出た矛

・ 交戟の衛士 … 戟を左右から十文字に交えている番兵

・ 側つ … 斜めに立てて構える

・ 撞く … 突く

・ 仆す … 倒す


     [ 原文 ]

 噲曰、「此迫矣。臣請、入与之同命。」

 噲即帯剣擁盾入軍門。

 交戟之衛士、欲止不内。

 樊噲側其盾、以撞衛士仆地。

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 遂に … そのまま

・ 披く … 閉じてあるものを広げる

・ 帷 … 垂らして隔てにする布

・ 瞋る … 怒って目を大きく開く

・ 目眥 … まなじり

  目眥を裂く … 怒っている表情

・ 剣を按ず … 剣のつかに手をかける

・ 何為〜 … どういう〜か

  読み「なにすル〜ゾ」(疑問)

・ 参乗 … 主人を護衛するための添え乗り


     [ 原文 ]

 噲遂入、披帷西嚮立。

 瞋目視項王。頭髪上指、目眥尽裂。

 項王按剣而跽曰、「客何為者。」

 張良曰、「沛公之参乗、樊噲者也。」

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 壮士 … 血気盛んな男性

・ 斗卮酒 … 一斗入りの大杯についだ酒

・ 拝謝す … 感謝して礼を述べる

・ 彘肩 … 豚の肩の肉


     [ 原文 ]

 項王曰、「壮士、賜之卮酒。」

 則与斗卮酒。噲拝謝起、立而飲之。

 項王曰、「賜之彘肩。」

 則与一生彘肩。樊噲覆其盾於地、

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 啗う … 食べる

・ 能〜 … 〜できる

  読み「よク」(可能)

・ 復た … もう一度

・ A且〜。安=。 … Aさえ〜である。どうして=か、=でない。

  読み「Aスラかツ〜。いずクンゾ=。」(抑揚)

・ 足る … 十分である

・ 夫れ … そもそも

・ 虎狼の心 … 虎や狼のような残忍な心


     [ 原文 ]

 加彘肩上、抜剣、切而啗之。

 項王曰、「壮士、能復飲乎。」

 樊噲曰、「臣死且不避、卮酒安足辞。

 夫秦王有虎狼之心。

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 不能〜 … 〜できない

  読み「〜あたワズ」(不可能)

・ 挙ぐ … 数える、並べたてる

・ 勝う … 負担や任務に対応できる

・ 叛く … 命令や意向に反する

・ 諸将 … 将軍たち


     [ 原文 ]

 殺人如不能挙、刑人如恐不勝。

 天下皆叛之。

 懐王与諸将約曰、

 『先破秦入咸陽者、王之。』

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 毫毛 … ほんのわずか

・ 不敢〜 … 決して〜しない

・ 還る … もといた場所に戻る

・ 覇上 … 覇水のほとり

・ 故らに … わざと


     [ 原文 ]

 今、沛公先破秦入咸陽。

 豪毛不敢有所近。

 封閉宮室、還軍霸上、以待大王来。

 故遣将守関者、

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 他盗 … よそからの盗賊

・ 封侯 … 諸侯に封ずる

・ 細説 … つまらない者の言うこと

・ 誅す … 罪のある者を殺す


     [ 原文 ]

 備他盗出入与非常也。

 労苦而功高如此、未有封侯之賞。

 而聴細説、欲誅有功之人。

 此亡秦之続耳。

   
鴻門之会・はんかい 現代語訳・書き下し文・読み方

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 窃かなり … 物ごとをこっそりするさま

  窃かに ⇒ はばかりながら

・ 須臾 … しばらく

・ 因りて … そのついでに


     [ 原文 ]

 窃為大王不取也。」

 項王未有以応。曰、「坐。」

 樊噲従良坐。

 坐須臾、沛公起如廁、因招樊噲出。




     [ 現代語訳 ]

そこで張良は陣営の門に行き、樊噲と会った。

樊噲が言うには、「今日のことはどんな様子ですか。」と。

張良が言うには、「すごく差し迫っている。今項荘が剣を抜いて舞っている。その注意は常に沛公に向けられている。」と。

樊噲が言うには、「これは急を要する。私は中に入って生死をともにさせてもらいたい。」と。

樊噲はすぐに剣を身につけ盾を持って陣営の門に入った。

戟を交差して門を守っていた兵士が中に入れまいとした。

樊噲はその盾を斜めに構えて、番兵を突いて地面に倒した。

樊噲はそのまま中に入って、とばりを開いて西向きに立ち、怒って目を大きく開いて項羽を見た。

髪の毛は逆立ち、まなじりはすべて裂けていた。

項羽が剣のつかに手をかけ膝をついて言うには、「おまえは何者だ。」と。

張良が言うには、「沛公に同乗する護衛、樊噲という者です。」と。

項羽が言うには、「勇ましい男だ。この者に大杯の酒を与えよ。」と。

そこで一斗入りの大杯の酒を与えた。

樊噲は謹んで礼を言って立ち、立ったままこれを飲んだ。

項羽が言うには、「この者に豚の肩の肉を与えよ。」と。

そこで一切れの生の豚の肩の肉を与えた。

樊噲はその盾を地面にふせ、豚の肩の肉をその上に置き、剣を抜き、切ってこれを食べた。

項羽が言うには、「勇ましい男だ。さらに飲めるか。」と。

樊噲が言うには、「私は死ぬことさえも避けません。

大杯の酒ぐらいどうして辞退するほどのことがありましょうか。

そもそも秦王は残忍な心を持っていました。

人を殺したのは数えきれないほどであり、人を処刑したのは処理しきれないのを心配するほどでした。

天下の人は皆これにそむきました。

懐王が将軍たちと約束して言うには、『最初に秦を破って咸陽に入った者を、その地の王にしよう。』と。

今、沛公は最初に秦を破って咸陽に入りました。

ほんのわずかなものも決して自分のものにしませんでした。

宮殿を閉鎖し、引き返して覇上に陣を取り、そして大王の到着するのを待っていました。

わざわざ武将を派遣して関を守らせたのは、よそからの盗賊の出入りと非常事態とに備えたのです。

苦労して功績が高いのはこのとおりですが、まだ諸侯に封じるという恩賞がありません。

それなのに、取るに足りない言葉を聞きいれて、功績の有る人を殺そうとしています。

これでは滅んだ秦の二の舞になるだけです。

はばかりながら大王のために賛成しないのです。」と。

項羽はまだ何とも答えなかった。

言うには、「座れ。」と。

樊噲は張良にしたがって座った。

座ってからしばらくして、沛公は立ちあがって便所に行き、そのついでに樊噲を招いて出ていった。




     [ 書き下し文 ]

是に於いて張良軍門に至り、樊噲を見る。

樊噲曰はく、「今日の事何如」と。

良曰はく、「甚だ急なり。今者項荘剣を抜きて舞ふ。其の意常に沛公に在るなり。」と。

噲曰はく、「此れ迫れり。臣請ふ、入りて之と命を同じくせん。」と。

噲即ち剣を帯び盾を擁して軍門に入る。

交戟の衛士、止めて内れざらんと欲す。

樊噲其の盾を側てて、以て衛士を撞きて地に仆す。

噲遂に入り、帷を披きて西嚮して立ち、目を瞋らして項王を視る。

頭髪上指し、目眥尽く裂く。

項王剣を按じて跽きて曰はく、「客何為る者ぞ。」と。

張良曰はく、「沛公の参乗、樊噲といふ者なり。」と。

項王曰はく、「壮士なり、之に卮酒を賜へ。」と。

則ち斗卮酒を与ふ。

噲拝謝して起ち、立ちながらにして之を飲む。

項王曰はく、「之に彘肩を賜へ。」と。

則ち一生彘肩を与ふ。

樊噲其の盾を地に覆せ、彘肩を上に加へ、剣を抜き、切りて之を啗ふ。

項王曰はく、「壮士なり、能く復た飲むか。」と。

樊噲曰はく、「臣死すら且つ避けず、卮酒安くんぞ辞するに足らんや。

夫れ秦王虎狼の心有り。

人を殺すこと挙ぐる能はざるがごとく、人を刑すること勝へざるを恐るるがごとし。

天下皆之に叛く。

懐王諸将と約して曰はく、『先に秦を破りて咸陽に入る者、之に王とせん。』と。

今、沛公先に秦を破りて咸陽に入る。

毫毛も敢へて近づくる所有らず。

宮室を封閉し、還りて覇上に軍し、以て大王の来たるを待てり。

故に将を遣はし関を守らしめしは、他盗の出入と非常とに備へしなり。

労苦して功高きこと此くのごときに、未だ封侯の賞有らず。

而も細説を聴きて、有功の人を誅せんと欲す。

此れ亡秦の続きなるのみ。

窃かに大王の為に取らざるなり。」と。

項王未だ以て応ふる有らず。

曰はく、「坐せよ。」と。

樊噲良に従ひて坐す。

坐すること須臾にして、沛公起ちて厠に如き、因りて樊噲を招きて出づ。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter