漁夫の利


・ 「漁夫の利」とは、「二者が争っているすきに第三者が苦労しないでその利益を横取りすること」を意味します。

HOME(漢文記事一覧)>テスト問題




        [ 書き下し文・読み ]

漁夫の利 書き下し文・読み


          [ 現代語訳 ]

今、私が来るとき、易水を通りました。
からす貝がちょうど出て日に当たっていました。
そしてシギがその肉をついばみました。
からす貝は殻を閉じてそのくちばしをはさみました。
シギが言いました、「今日雨が降らないで、明日も雨が降らなければ、すぐに死んだからす貝ができるだろう。」と。
からす貝も同様にシギに言いました、「今日、放されないで、明日も放されなければ、すぐに死んだシギができるだろう。」と。
両方とも互いに放すことを承知しません。
漁師がこれを両方いっしょに捕らえることができました。





       [ 原文・書き下し文・現代語訳 ]

今者臣来、過易水。
今者臣の来たるとき、易水を過ぐ。
今、私が来るとき、易水を通りました。
・ 今者 … 今
・ 臣 … 私(自分を謙遜する)

蚌方出曝。
蚌方に出でて曝す。
からす貝がちょうど出て日に当たっていました。
・ 蚌 … からす貝
・ 方 … ちょうど
・ 曝 … 日なたぼっこをする

而鷸啄其肉。
而して鷸其の肉を啄む。
そしてシギがその肉をついばみました。
・ 而 … そして
・ 鷸 … シギ
・ 啄 … くちばしでつつく

蚌合而箝其喙。
蚌合して其の喙を箝む。
からす貝は殻を閉じてそのくちばしをはさみました。
・ 合 … 殻を合わせる
・ 而(置き字・順接) … そして
・ 箝 … はさむ
・ 鷸 … くちばし

鷸曰、「今日不雨、
鷸曰はく、「今日雨ふらず、
シギが言いました、「今日雨が降らないで、

明日不雨、即有死蚌。」
明日雨ふらずんば、即ち死蚌有らん。」と。
明日も雨が降らなければ、すぐに死んだからす貝ができるだろう。」と。
・ 即 … ただちに

蚌亦謂鷸曰、「今日不出、
蚌も亦鷸に謂ひて曰はく、「今日出でず、
からす貝も同様にシギに言いました、「今日、放されないで、
・ 亦 … 同様に
・ 謂A曰 … Aに対して言う
・ 出 … 逃れる

明日不出、即有死鷸。」
明日出でずんば、即ち死鷸有らん。」と。
明日も放されなければ、すぐに死んだシギができるだろう。」と。

両者不肯相舎。
両者相舎つるを肯んぜず。
両方とも互いに放すことを承知しません。
・ 肯 … 承知する
・ 相 … お互いに
・ 舎 … 捨てる

漁者得而幷擒之。
漁者得て之を幷せ擒ふ。
漁師がこれを両方いっしょに捕らえることができました。
・ 得〜 … 〜できる
・ 而(置き字・順接) … そして
・ 幷 … 両方とも
・ 擒 … 捕らえる








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved