不若人有其宝


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





・ 下の画像クリックで次の画像に進む

   
不若人有其宝・新序 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 司城 … 土地や人民をつかさどる大臣

・ 弗〜 … 〜しない

・ 玉人 … 玉の細工をする職人

・ 敢へて〜 … 思い切って〜する


     [ 原文 ]

 宋人有得玉者。

 献諸司城子罕。子罕不受。

 献玉者曰、「以示玉人、

 玉人以為宝也。故敢献之。」

   
不若人有其宝・新序 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 貪る … 貪欲である

・ 不若〜 … 〜するほうがよい(比較)


      [ 原文 ]

 子罕曰、「我以不貪為宝。

 爾以玉為宝。

 若与我者、皆喪宝也。

 不若人有其宝。」

   
不若人有其宝・新序 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 長者 … 有徳者

・ 非無〜 … 〜がないのではない

  読み「〜なキニあらズ」(二重否定)

・ 百金 … 大金

・ 摶黍 … きびだんご


       [ 原文 ]

 故宋国之長者曰、

 「子罕非無宝也。所宝者異也。

 今以百金与摶黍、以示児子、

 児子必取摶黍矣。

   
不若人有其宝・新序 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 和氏の璧 … 和氏が発見した璧

・ 鄙人 … 小人

・ 至言 … 真実を語る言葉

・ 賢者 … 知能も人格も優れた人


       [ 原文 ]

 以和氏之璧与百金、

 以示鄙人、鄙人必取百金矣。

 以和氏之璧与道徳之至言、

 以示賢者、賢者必取至言矣。

   
不若人有其宝・新序 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 精なり … 優れている

・ 粗なり … 良くない

・ 至る … 最高の程度に達する


       [ 原文 ]

 其知弥精、其取弥精。

 其知弥粗、其取弥粗。

 子罕之所宝者至矣。」




     [ 現代語訳 ]

宋国の人に玉を手に入れた者がいた。

これを大臣子罕に献上した。

子罕は受け取らなかった。

玉を献上した者が言うには、「玉磨きの職人に見せますと、玉磨きの職人は宝玉だと認めました。それで進んでこれを献上したのです。」と。

子罕は言うには、「私は貪欲でないのを自分の宝とし、お前は玉を宝としている。

もし私に与えると、二人とも宝を失うことになる。

お互いそれぞれに自分の宝を保有しているのには及ばない。」と。

それで宋の国の有徳者が言うには、「子罕に宝がないわけではない。

宝とするものが異なっているのだ。

もし大金ときびだんごとを子供に示せば、子供は必ずきびだんごのほうを取るだろう。

もし和氏の璧と大金とをつまらない者に示せば、つまらない者は必ず大金のほうを取るだろう。

もし和氏の璧と道徳の真実を語る言葉とを賢者に示せば、賢者は必ず真実を語る言葉のほうを取るだろう。

その知性がより優れているほど、その取るものはより優れたものになる。

その知性がより劣悪であるほど、その取るものはより劣悪なものになる。

子罕が宝としているのは至高のものなのだ。」と。




     [ 書き下し文 ]

宋人に玉を得し者有り。

諸を司城子罕に献ず。

子罕受けず。

玉を献ずる者曰はく、「以つて玉人に示すに、玉人以つて宝と為す。故に敢へて之を献ず。」と。

子罕曰はく、「我は貪らざるを以つて宝と為し、爾は玉を以つて宝と為す。

若し我に与ふれば、皆宝を喪ふなり。

人ごとに其の宝を有するに若かず。」と。

故に宋国の長者曰はく、「子罕は宝無きに非ざるなり。

宝とする所の者異なるなり。

今百金と摶黍とを以つて、以つて児子に示さば、児子は必ず摶黍を取らん。

和氏の璧と百金とを以つて、以つて鄙人に示さば、鄙人は必ず百金を取らん。

和氏の璧と道徳の至言とを以つて、以つて賢者に示さば、賢者は必ず至言を取らん。

其の知弥精なれば、其の取るや弥精なり。

其の知弥粗なれば、其の取るや弥粗なり。

子罕の宝とする所の者至れり。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved