子罕玉を受けず


・ 縦書き、全漢字に読みつき、ひらがな

・ HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

子罕弗受玉・春秋左氏伝 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 或り … 有り

・ 弗〜 … 〜しない

・ 玊人 … 玉を磨き細工する職人

・ 敢へて〜 … 思い切って〜する


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

子罕弗受玉・春秋左氏伝 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 貪る … 貪欲である

・ 不若〜 … 〜するほうがよい(比較)




    [ 原文 ]

 宋人或得玉。献諸子罕。子罕弗受。

 献玉者曰、「以示玊人、

 玊人以為宝也。故敢献之。」

 子罕曰、「我以不貪為宝。

 爾以玉為宝。若以与我、

 皆喪宝也。不若人有其宝。」


    [ 現代語訳 ]

宋国の人に玉を手に入れた者がいた。

これを子罕に献上した。

子罕は受け取らなかった。

玉を献上した者が言うには、「玉細工の職人に見せますと、彼は宝玉だと認めました。それで、進んでこれを献上したのです。」と。

子罕は言うには、「私は貪欲でないのを自分の宝としている。お前は玉を宝としている。もし私に与えると、二人とも宝を失うことになる。お互いそれぞれに自分の宝を保有しているにこしたことはない。」と。


    [ 書き下し文 ]

宋人に玉を得るもの或り。

諸を子罕に献ず。

子罕受けず。

玉を献ずる者曰はく、「以て玊人に示すに、玊人以て宝と為すなり。故に敢へて之を献ず。」と。

子罕曰はく、「我は貪らざるを以て宝と為し、爾は玉を以て宝と為す。若し以て我に与へば、皆宝を喪ふなり。人びと其の宝を有するに若かず。」と。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved